Yahoo! JAPAN

渋滞解消アプリを提案 樋口さん兄弟が最終審査へ〈鎌倉市〉

タウンニュース

渋滞解消アプリを提案

自治体の課題を解消するアイデアを競うコンテストの最終審査に、扇ガ谷の樋口颯真(そうま)さん(高校3年)、琉生(るい)さん(小学6年)兄弟=写真=が進出した。ITを活用し、鎌倉市の渋滞問題等の解消を目指すアイデアで2月28日の公開審査に臨む。

2人が挑戦するのは、東京大学等が企画する「チャレンジ‼オープンガバナンス」。自治体が挙げた課題に対し、それを解消するアイデアを競うもの。最終審査には書類選考を通った10チームが進み、審査員の評価と一般投票で賞が決まる。

鎌倉市が示した課題は「働くまち鎌倉」「住みたい・住み続けたいまち鎌倉」の実現。それに対し、2人は「渋滞御免アプリ」の案を考えた。観光客が鎌倉を訪れる際に駐車場や飲食店をアプリで事前予約し、最適なルートも紹介。民家の空き駐車場の活用も提案し、提供者の収入増や渋滞の分散につなげるもの。「データが集まれば渋滞の『未来予知』も可能になり、市民も便利になるはず。観光客だけでなく、住む人にもメリットのあるものでないと」

中国で体感したITの力を活用

父の仕事の関係で海外生活を送ってきた2人。昨年まで生活していた中国では、IT化が急速で「ドローンやロボットは当たり前。迷う人が多い場所をカメラで割り出し案内板を設置するなど、観光にもITを活用している」と颯真さん。そうした経験も踏まえアイデアを出した。「一般投票もあるので発表をぜひ見てほしい。賞を取りたい」と琉生さん。発表等は28日午後1時からZoomで。視聴・投票は登録が必要。登録や詳細はコンテストのサイトへ。

【関連記事】

おすすめの記事