Yahoo! JAPAN

【広島雑学】うなぎの名店に隠されたヒミツ 秘伝のタレに 2代目の意外な経歴、昔はうなぎ以外も売っていた

ひろしまリード

柳橋こだにの「うな重」

今回やってきたのは、うなぎの名店「柳橋こだに」。
2代目店主・小谷隆春さんに、おいしい「うな重」の秘訣を伺いました。

柳橋こだに

さっそく案内してもらったのは厨房。
おいしさの秘訣は、代々伝わる「タレ」ということですが、ここにヒミツが。
あるものを2~3時間炊いて、トロトロにしたものをタレに使っているそうですが、何か分かりますか?

|「こだに」のうなぎのおいしさの秘訣、「秘伝のタレ」は、何を煮込んで作っているでしょうか。

こだに秘伝のタレ

こたえ:「うなぎの骨」

でも、この「うなぎの骨」が、どうやってタレになるんでしょう。

鍋一杯のうなぎの骨は約500本。
骨が浸るまで水をはって、トロトロになるまで2~3時間じっくり炊きます。そうすると…うなぎのスープになります。

うなぎの骨

これに醤油・酒・みりん・砂糖を入れると、うなぎ本来のうま味も出た特製ダレが完成。
うなぎの骨を使うことで、骨からダシが出てタレにうま味とコクを出してくれるそうです。
これがおいしさの秘訣なんですね。

この秘伝ダレは、初代店主の恒三(つねそう)さんが50年かけて完成させたそうなんですよ。

続いて店内で発見したのは楽器。
なんでうなぎ屋さんに楽器があるのでしょうか。

それは何と、2代目店主の隆春さんが、うなぎ屋さんをする前、東京でプロのミュージシャンをしていたからなんです。

「父が楽器が大好きで、その影響で自分も大好きになった」という隆春さん。
ミュージシャンをしながらも「うなぎ屋さんはしたい!」と思っていたそうです。
広島に戻り、お店を継いだのは30代のとき。これは想像がつきませんでした。

そして、お店の方も、今では想像つかないものを売っていたといいます。
そこで問題。

|かつて「柳橋こだに」は、うなぎの他に あるものを販売していました。それは、一体なんでしょうか。
ヒント:この写真の中に答えがありますよ。

昔の店内の様子 写真提供:柳橋こだに

こたえ:「金魚」

ほら、よく見たら金魚鉢が見えませんか。

金魚は観賞用として販売されていました。それ以外に、いろんな川魚も料理店に販売していたそうです。

昭和30年代、広島市内には中華料理店が多く、“シメに川魚やカエルを食べる”という習慣があったからなんだそうです。
主に、ドジョウやコイ、ザリガニ、ニジマスなどを扱っていました。

こだにの歴史も、2代目の経歴も、びっくりしましたね。

「柳橋こだに」の「うなぎ弁当」はお持ち帰りも可能なので、お近くの紅葉を見ながら、いただくのはいかがでしょうか。

柳橋こだに
広島市中区銀山町1-1うなぎビル2F
11:30~14:00/17:00~21:30
※お持ち帰りは10:00~20:30
定休日:日曜、祝日

広島ホームテレビ『5up!』(2021年11月24日・25日放送)
「広島へぇ~じゃん」

ひろしまリード編集部
※掲載された記事・情報は、取材当時のものです。予めご了承ください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ゲームの邪魔をしてくるネッコ♡可愛いが過ぎる【悶絶必至】

    ねこちゃんホンポ
  2. YOASOBI、初のライブ映像作品集『THE FILM』リリース決定 『情熱大陸』出演回も収録

    SPICE
  3. THE RAMPAGE・浦川翔平、デビュー5周年を回顧「16人で険しい道を乗り越えて…」

    フジテレビュー!!
  4. 「子どもに夢を与える舞台を」沖芸大琉球芸能専攻OB会が30日公演

    HUB沖縄
  5. 2022年1月5日オープン Italian バール ne?

    京都速報
  6. MONDO GROSSO、Black Boboiのermhoiをボーカルに迎えた「FORGOTTEN」先行配信

    SPICE
  7. THE RAMPAGEデビュー5周年!“世界進出”への野望「令和の世代を引っ張っていく飛躍の年に」(陣)

    フジテレビュー!!
  8. 丹生明里(日向坂46)[イベントレポート]声優初挑戦への想いを語る「エンドロールで自分の名前が出てきた時は、思わずウルっときてしまいました」劇場版『DEEMO サクラノオト - あなたの奏でた音が、今も響く-』完成披露試写会より

    Pop’n’Roll
  9. 両肩にクモの巣のタトゥーを入れた女性、「魚のエラ」に見えるとショック隠せず(米)

    Techinsight
  10. 男性ブランコ・浦井のりひろが新型コロナに感染

    ナリナリドットコム