Yahoo! JAPAN

横浜市立大学附属病院が「きょうだい通信」発行 チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)が発案〈横浜市金沢区・横浜市磯子区〉

タウンニュース

石塚さんらが作った通信

横浜市立大学附属病院(金沢区福浦)は4月中旬、患児の兄弟姉妹に向けた「きょうだい通信」を発行した。中心となったのは、同病院のチャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)の石塚愛さん(29)だ。

CLSとは治療や入院中の子どもとその家族の不安や恐怖を最小限にしサポートする専門職。石塚さんは以前から、疎外感を感じがちな患児の「きょうだい」に何かできないかと考えていたという。「出来る限りで声をかけたり、クリスマスカードを贈ったり…。個人レベルの対応しかできなかった」と振り返る。

そんな時に知ったのがきょうだい児支援をするNPO法人の「しぶたね」。今年2月には石塚さんが発案し、しぶたねを招いた「きょうだい児支援講座」を開催した。「紹介した様々な取り組み事例の中に『きょうだい通信』があって。これなら続けられそうと、着手しました」

保育士や看護師、医師とチームを組んで、分担しながら制作した。「専門が違うと視点が違って気づきがあった」と作る過程も楽しんだ。第1回となる今回は、この通信の名前も募集する。入院している子どもの保護者らに配布するほか、同病院の小児科病棟入り口や小児科外来の受付などにも設置している。「保護者に渡す時に、きょうだいの様子を聞くきっかけになれば」と話す。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  2. 「新美の巨人たち」で大滝詠一の名盤ジャケット特集

    ナリナリドットコム
  3. 「精神的な支えになれば」ときょうだいが贈ったサポート犬に襲われ21歳女性死亡(英)

    Techinsight
  4. 本物そっくり100円ミニチュア 巣ごもり需要で追い風 伊賀市の山田化学

    伊賀タウン情報YOU
  5. <女性からの暴力>「彼女からDV受けてる」息子の告白。アザだらけの身体……【第2話】まんが

    ママスタセレクト
  6. もし自分が先に死ぬようなことがあったら、残った旦那さんには一人でいてほしい?再婚してほしい?

    ママスタセレクト
  7. 総額10万円超 毎日同じパブに通う90歳男性へ人々から善意の昼食代が寄せられる(英)

    Techinsight
  8. <実母と同居>洗濯物のうっかりミスで実母が激怒!ムシャクシャして寝付けない……【後編】

    ママスタセレクト
  9. 結婚生活20年、欠かさず休みの日を合わせて食事をする仲良し夫婦が語る“夫婦円満で一番大切なこと”

    saita
  10. 結婚20年、子ども6人。夫に「働くな」と言われることがすごく苦痛だった。今、好きな仕事ができてるワケ

    saita