Yahoo! JAPAN

よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト 「平等」テーマに市長賞 榎が丘小 荒井結宇さん〈横浜市青葉区〉

タウンニュース

市長賞の賞状を手に笑顔を見せる荒井さん

小中学生が国際平和に対する思いを発信する「よこはま子ども国際平和スピーチコンテスト」の本選結果が9月9日に発表され、青葉区から市立榎が丘小学校6年の荒井結宇(ゆう)さんが最優秀賞にあたる市長賞を受賞した=中面でスピーチ全文を掲載。

今年で25回目を迎える同コンテスト。2015年に国連で「持続可能な開発目標」(SDGs)が採択されてからは、ジェンダーの平等や気候変動への対策など様々な視点から国際平和に対して自分が取り組みたいことをスピーチするもの。

昨年は新型コロナ感染症拡大防止のため中止となったが、今年はビデオ審査で実施。6月から行われた予選会に市内の小中学校から約5万人が応募し、各区の代表を小中学生1人ずつ選出。そして本選では、市長賞、教育長賞、審査委員長賞の各賞に小、中学生2人ずつが選ばれた。

差別、偏見に驚き

小学生の部で「市長賞」に選ばれた荒井さんは、授業で読んだ本からステレオタイプという言葉を知り、世界から偏見をなくしたいという思いで「みんながかがやける未来へ」と題してスピーチを行った。

そのきっかけとなったのが昨夏、多様性をテーマにしたオンラインイベントに参加したこと。普段、国籍や見た目の違いに関わらず人と交流する荒井さんにとって、人種や見た目で差別や偏見を受けてきた人が大勢いる話を聞いて驚いたという。

その経験から、人種差別をテーマにした本を読み、今回のスピーチコンテストにつなげた。

児童劇団のあおば子どもミュージカルに所属し、スピーチをする上での滑舌や、人前で表現することには慣れている部分もあった。一方で、スピーチの中で身振り手振りが出来ないことや、3分という短い時間で伝えるために早口になりながらもしっかりと最後まで伝わるように意識し、母親に聞いてもらいながら練習を繰り返したという。ビデオ審査での選考について「緊張したけど練習通りにできたと思います」と照れながらも笑顔で話す荒井さん。市長賞の受賞については、「びっくりした。今までSDGsについて積極的に考えてこなかったので、今回の経験を通してさらに学びを深め、実践していきたい」と意欲的に話す。海外へ行く経験がなくても、オンラインで社会と繋がっていることを知るきっかけや世界が広がる経験にもなった。「これをきっかけに、差別がなくみんながかがやく未来になるように広く伝えていきたい」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 漁港でのシーバスゲームでフッコキャッチ メバル用ルアーに好反応

    TSURINEWS
  2. 東北エリア『マダイジギング』のススメ:難敵の「中層サスペンド」攻略法

    TSURINEWS
  3. 「はじめまちて…♡」ダックスパピーが家族に!すぐ女の子に懐き仲良しに…家族愛にホッコリ!【動画】

    ダックスフンドライフ
  4. 玄関出たらベタッ。散歩に行きたくない“イヤ柴”さん、クセが強いほど可愛い説。【柴犬動画】

    柴犬ライフ
  5. バイクシーンが最高にかっこよかった芸能人ランキング

    gooランキング
  6. Vaundy、新曲「泣き地蔵」を配信リリース 笠松将出演のLEDバーチャルプロダクション技術を用いたMVも公開に

    SPICE
  7. 【サイゼリヤ】東京と千葉限定の「銘品ハム」美味しそ~!まじで「幻メニュー」確定だわ。

    東京バーゲンマニア
  8. UVERworld、綾野剛主演ドラマ『アバランチ』主題歌「AVALANCHE」を11月24日にリリース

    SPICE
  9. 2ラン含む猛打賞の大暴れ!巨人10連敗もCS見据え二岡智宏と打撃改造に取り組む好打者とは?

    ラブすぽ
  10. ケンタッキーフライドチキンに長居した男性、約15000円の罰金を請求される(英)

    Techinsight