「究極の“食べるバター”って知ってる?」大阪・オンラインで買える「おしゃれバター」をチェック♡ - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

「究極の“食べるバター”って知ってる?」大阪・オンラインで買える「おしゃれバター」をチェック♡

anna(アンナ)

anna(アンナ)

2020年4月7日(火)までの期間限定で、大注目の“食べるバター”のブランド『カノーブル』が、『阪急うめだ本店』の9階催場にてポップアップで登場しています。

今回のポップアップには、『カノーブル』自慢の様々なフレーバーが登場! ECサイトでも購入できるので、ぜひチェックしてくださいね。

■「食べるバター」が大阪・梅田に登場!

バターと聞くと、パンに塗ったり、お菓子の材料として使用するイメージが強いですよね。

欧米では“美味しいバターを冷たいまま食べる”という楽しみ方が浸透していますが、まだまだ日本では馴染みがありません。『カノーブル』が提案する「食べるバター」は日本でもそんな欧米の文化を楽しむことができ、さらに、パッケージもおしゃれでギフトにもピッタリなんです◎。

■美味しくておしゃれすぎる3つのフレーバー

(1)バタースコッチ・トフィーバター

画像:PR TIMES

焦がしバターの風味を楽しむことができる『バタースコッチ・トフィーバター』(1580円・税込)。「カノーブルが目指す究極のバター」と位置付けられて開発された商品で、バターのポテンシャルが極限まで引き出されています。

画像:PR TIMES

フレッシュバター、発酵バター、焦がしバターの3種類を“バターの黄金比”で合わせたベースに、バタースコッチソースが練りこまれています。

画像:PR TIMES

さらにその中には、トフィーと呼ばれる砂糖とバターを焦がした飴を砕いたものがミックスされています。トフィーには、てんさい糖、三温糖、白砂糖の3種類の砂糖が使用されていて、それぞれ加熱時間を変えるなどの工夫がされているのだとか。

食パンはもちろんのこと、コーヒーやココアに溶かすことで、リッチな味わいを楽しむことができますよ!

(2)フランボワーズバター

画像:PR TIMES

ベリーの果汁感とホワイトチョコレートのコラボレーションがたまらない『フランボワーズ』(1339円・税込)。

画像:PR TIMES

天然由来の原材料のみを使用したフランボワーズチョコレートがバターに練り込まれています。さらに、ストロベリー、ブルーベリー、クランベリーの3種のドライベリーもたっぷりと入っています。トーストにのせるだけで、爽やかな春の訪れを感じられるはず!

(3)コーヒーミントバター

画像:PR TIMES

バターに練りこまれたコーヒーと生ミントが相性抜群の『コーヒーミントバター』(1339円・税込)。

ハンドドリップしたエルサルバドル産コーヒーと摘みたての生ミントがフレッシュバターに練り込まれています。さらに、粗挽きしたエチオピア産コーヒー豆をトッピング! 甘すぎないすっきりとしたミントフレーバーは大人の味わいです。

画像:PR TIMES

ベースのフレッシュバターには乳固形分が多いものが使用されていて苦すぎず、トッピングの粗挽きエチオピア産コーヒー豆のカリッという歯ごたえも◎。

“チョコミン党”やコーヒーギークの方に特におすすめです。バターの代わりに使うもよし、コーヒーに加えてミントの香るバターコーヒーなどにするもよし。楽しみ方は様々です!

<催事情報>
カノーブル ポップアップストア
期間:~2020年4月7日(火)
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 9階催場
最寄駅:阪急・阪神『大阪梅田駅』/大阪メトロ御堂筋線『梅田駅』/JR『大阪駅』

いかがでしたか? ECサイトでも販売されているのでぜひチェックしてみてくださいね!(文/藤田真奈)

【画像・参考】
※ 日本初!“そのまま食べる”バターの新提案。食のコスメティック「ブール・アロマティゼ」を発売。 ‐ PR TIMES
※ 『バターを焦がすと無限に美味しくなる』カノーブルからバタースコッチと3種類のトフィーを使った「バタースコッチ・トフィーバター」が登場 – PR TIMES
※ “食べるバター”専門店カノーブルから、チョコミン党やコーヒーギークに贈る、ミントとコーヒーが香る新作バター「コーヒーミントバター」が登場。4月1日から阪急うめだ本店ポップアップで発売。 – PR TIMES
※ カノーブルから春のバターが新登場、ベリーの果汁感とホワイトチョコレートが華やかに香る、ギフトに嬉しいフランボワーズバターを発売します。 – PR TIMES

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事