Yahoo! JAPAN

V6ツインターボに6MT採用!日産 新型「フェアレディZ」プロトタイプ世界初公開

価格.comマガジン

V6ツインターボに6MT採用!日産 新型「フェアレディZ」プロトタイプ世界初公開

2020年9月16日、日産は2021年に新型モデルを発表予定のスポーツカー「フェアレディZ」の次期モデルのプロトタイプ車を世界初公開した。現行のフェアレディZ(Z34)から、実に12年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

2020年9月16日に世界初公開された、日産「フェアレディZプロトタイプ」

詳細なスペックやグレード、価格、発売日などは現時点で公表されていない。公表されているスペックは、「V6ツインターボエンジン」の搭載、トランスミッションに「6速MT」の採用、4382(全長)×1850(全幅)×1310(全高)mmのボディサイズ、フロントが255/40R19、リアが285/35R19のタイヤサイズのみだ。

初代「S30(240ZG)」のサイドイメージ
新型「フェアレディZ プロトタイプ」のサイドイメージ

新型フェアレディZ プロトタイプ(以下、新型Zプロトタイプ)のエクステリアは、初代の「S30」を筆頭に、歴代のZのデザインが取り入れられている。たとえば、サイドデザインは初代「S30」のロングノーズ・ショートデッキや、なだらかに傾斜していくリアの美しいシルエットなどが踏襲されている。日産 グローバルデザイン担当 専務執行役員のアルフォンソ アルバイサ氏は、「エクステリアのデザインで絶対にゆずれなかったポイントは、フードの高さです。初代Z(S30)と同じように、フードをテールより高くしています。デザイナーもかなり苦労したのですが、この特徴的なシルエットは、どうしても守りたかったのです」と語っている。

「240ZG」のヘッドライト
新型「フェアレディZ プロトタイプ」のヘッドライト
「Z32」のテールライト
新型「フェアレディZ プロトタイプ」のテールライト

さらに、新型ZプロトタイプのLEDヘッドランプに見られる2つの半円は、「240ZG」のヘッドライトカバーに当たる光の反射が再現されていたり、テールライトは「Z32」のデザインを参考にしているなど、随所に歴代Zへのオマージュが込められている。

新型「フェアレディZ プロトタイプ」のフロント、リアイメージ

搭載エンジンはV6ツインターボで、エンジン型式や排気量、スペックなどについては公開されていない。だが、予想されるのが「スカイライン」に積まれている3リッターV6ツインターボエンジン「VR30DDTT」が搭載されるのでは、ということだ。

新型「フェアレディZ プロトタイプ」の走行イメージ

スカイラインのハイパフォーマンスモデル「400R」に搭載されているVR30DDTTエンジンの最高出力は、通常のスカイラインに搭載されている同エンジンよりもハイパワーで、405psというスペックを誇る。また、2018年に米国で開催された「SEMA SHOW」では、400psのVR30DDTTと6速MTを搭載したZ34を出展しているといった経緯もあることから、同エンジンが次期フェアレディZへ搭載される可能性は少なくないと思われる。

新型「フェアレディZ プロトタイプ」のインパネ
新型「フェアレディZ プロトタイプ」の6速MTシフトノブ

また、今回の発表で注目を浴びているのが、6速MTを継続して採用するということだ。Zプロトタイプのチーフプロダクトスペシャリストである田村宏志氏は、オンライン公開イベントにおいて「なぜ、マニュアルトランスミッションを採用したのか」といった質問に対して、「絶対にマニュアルじゃなければいけない、と思ったのです。マニュアルは、ギヤをシフトするときに人馬一体になりますよね。自分の体が、クルマとつながっている感じがあるんです。まさにパートナー、相棒なのです。そこが、スポーツカーにとって大事な要素だと思うのです」と答えている。

近年では、スポーツカーであってもマニュアルトランスミッションを搭載するクルマは少なくなってきている。フェアレディZとともに日産を代表するスポーツカー「GT-R」(R35)は、「6速DCT」のみでマニュアルトランスミッションは採用されておらず、2019年に復活したトヨタのスポーツカー「スープラ」も、搭載されているのは「8速AT」だ。マニュアルミッション搭載車が少なくなってきているハイパワースポーツカーのなかで、新型フェアレディZが6速MTを継続採用するというのは、うれしいかぎりだ。

新型「フェアレディZ プロトタイプ」のステアリング
新型「フェアレディZ プロトタイプ」のデジタルメーター

インテリアは、メーターがデジタル化されているのが特徴的だ。このデジタルメーターは、中央にタコメーター、左にブーストメーター、右に油温計と油圧計、水温計が配置されている。また、レッドゾーン近くになると、上部のバーのカラーが赤色に変わる。ちなみに、このタコメーターはレッドゾーンが7000rpmからになっているが、スカイライン 400Rも同様に7000rpmからがレッドゾーンになっている。

新型「フェアレディZ プロトタイプ」には、デジタルメーターとは別途アナログの3連メーターも備えられていた

さらに、左上の「M」の表示や中央の「SPORT」モードの表示など、マニュアル車にはあまり必要がなさそうな表示が見受けられたが、これはATの搭載が考慮されていることからかもしれない。今回の発表では、6速MT以外のトランスミッションの採用についてはアナウンスがなかったのだが、これまでのフェアレディZのほとんどは北米市場を中心に販売されていたこともあって、ATの搭載の可能性はかなり高そうだ。

「フェアレディZ プロトタイプ オンライン発表イベント」に登壇した、日産自動車 代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏

オンライン発表イベントへ登壇した、日産自動車 代表執行役社長兼最高経営責任者の内田誠氏は、「このプロトタイプは、コンセプトカーではありません。デザインは、ほぼ完成しました」と述べていることから、ほぼこの形で市販されるものと思われる。さらに、内田氏は「エンジニアたちはいま、ドライバーとクルマの一体感を、Zならではと言える完璧なものへと作りこんでいます」と語る。2021年に、完成された新型フェアレディZの正式発表を楽しみに待ちたいところだ。

【関連記事】

おすすめの記事