Yahoo! JAPAN

【わかるけど!】ジョリーパスタで1番高い『窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ(1419円)』を食べてみた / ファミレスの1番高いメニュー全部食う:第10回

ロケットニュース24

ファミレスの定義は意外と難しい。例えば「王将」や「幸楽苑」はファミレスなのだろうか? 特に「幸楽苑」はファミリー層もターゲットにしている気がするが、個人的に答えはNO。同じ中華の「バーミヤン」と並べるのはやや違和感がある。

それはさておき、ファミレスの最高額メニューを食べ尽くすこの企画『ファミレスの1番高いメニュー全部食う』も節目の第10回目を迎えた。今回はパスタ特化型のファミレス「ジョリーパスタ」が登場だ。なお、ジョリーパスタはゴリゴリのファミレスである。

・ゼンショーグループが運営

1983年、東京都に1号店を出店したジョリーパスタ。その後なんやかんやあり、現在では「すき家」「ココス」「ビッグボーイ」などと同じ“ゼンショーグループ”が運営している……と、Wikipediaに書いてあった。それにしてもゼンショーグループ、手広いな!

それはどうでもイイとして、ジョリーパスタは屋号の通りパスタをメインにしたファミリーレストランである。都心にはほぼ出店しておらず、ロードサイド店が多いのも特徴の1つであろう。

・最高額メニューは……

で、そのジョリーパスタでメニューを隅々までチェックしたところ、2021年11月23日時点で最高額メニューは『窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ』と『窯焼きチーズパスタ 濃厚カルボナーラ』の2つ。価格はそれぞれ1419円であった。

聞き慣れぬ「窯焼きチーズパスタ」はジョリーパスタのフェア商品で、下から「温野菜・パスタ・ソース・ホワイトソース・チーズ」の層になったオリジナルメニューらしい。ざっくり言えば「グラタンパスタ」をイメージすると近いハズだ。

そう考えると手間がかかっていることはよくわかるが「ごろごろ牛肉の本格ボロネーゼ」が979円であることを考えると、400円以上も高い計算になる。果たして窯で焼いた分は、400円以上の価値があるのだろうか?

今回はメニューの上に書いてあった「窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ」をオーダー。同じ金額でほぼ同じ内容なら、やはり自信がある方を上に持ってくるのが心情というものだろう。さあ、ジョリーパスタの全力を見せてみろ。

・いざ実食

んで、到着した「窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ」は意外と地味。普通にグラタンである。だがしかし、見方によっては「こんがりチーズが美味しそう♡」と見えなくもない。決して映えグルメではない分、どうしても味に期待してしまう。

ところが、結果的には「わかるけど……」といった感じの内容であった。味自体は普通に良き。とろりとしたチーズとホクホクの温野菜がクリーミーなホワイトソースと交じり合いつつも、意外とそこまで重くない。当初のイメージ通り「グラタンパスタ」である。

一方で「ボロネーゼ」の良さが活かされている感じはしなかった。商品名こそ「窯焼きチーズパスタ」であるものの、実質的にはチーズとホワイトソースが強いグラタンであり、パスタが主役とは言い難い。

利用者がジョリーパスタに求めるのはなんだろう? 多くは「パスタ」ではないだろうか? そういう意味で「窯焼きチーズパスタ」は、ジョリーパスタを知り尽くした上級者向けメニューという印象だ。

・納得はした

ただし、内容と手間を考えると最高額メニューであることは納得できた。なにせ通常のボロネーゼをさらに窯焼きしているのである。手間も時間もかかっていることは間違いない。手間と価格、そして味を考慮すると「わかるけど……」というのが結論である。

つまり『窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ』は、パスタだと思わない方がイイ。ジョリーパスタ慣れしまくったヘビーユーザーが食べてこそ価格分の価値があるメニューなのかもしれない。個人的には「エビの明太子クリームスープパスタ」が好みです。というか、最高です。

というわけで、ジョリーパスタの最高額メニュー「窯焼きチーズパスタ クリーミーボロネーゼ」は、様々な要素や感情込みで「わかるけど……」としたい。いや、本当にわかるんだ、わかるんだけども! でもやっぱ通常のパスタを注文しちゃうかな?

参考リンク:ジョリーパスタ公式サイト、Wikipedia
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

【関連記事】

おすすめの記事