Yahoo! JAPAN

もしも動物の耳が取り外せたら? 幼少時の空想もとにした動物フィギュアに反響

おたくま経済新聞

もしも動物の耳が取り外せたら?空想が元になったフィギュアに大反響

 もしも動物たちの耳が、実は取り外し可能なカチューシャだったら……?そんなユニークな発想から生まれたフィギュアが、ツイッターで大きな話題になっています。

 カチューシャを外してリラックスした表情を浮かべているのは、うさぎ、猫、犬らお馴染みの動物たちです。

 作者はツイッターユーザー「めーちっさい」さん。今作は、自身が幼少時に抱いた空想がもとになっています。

 人間がつける猫耳やうさ耳のカチューシャの存在を知った時から「動物たちの耳も、見えてないところで外してたら面白いな」と考えており、大人になって造形の技術が磨かれてきたタイミングで形にしたそうです。

 めーちっさいさんの普段の作品は猫をモチーフとすることが多いのですが、今回は犬とうさぎが仲間入り。もちろん猫だけでも良かったのですが、「ケモ耳といえばこの子たちは欠かせない」という思いから、あわせて制作することになりました。

 制作中、特にこだわったのは、動物たちの「姿勢」。「さて、そろそろ寝るか」という作品に添えられたつぶやき通り、「リラックスタイムに移る動物たちが耳を外したあと」という雰囲気を出すために、少し前傾のポーズになっています。

 もちろんですが通常、犬や猫、うさぎたちは四足歩行が基本。制作にあたり、動物の立ち姿の写真を見て研究し、違和感がないよう注意しながら成形されています。

 こうして出来上がった作品をツイッターに投稿すると、ついた「いいね」の数はなんと27万件超。

 めーちっさいさんの空想から生まれた作品のはずが、なぜか既視感を覚えた方が多数おり、返信欄には「ウチの子もよく付け忘れてました」とペットの耳が見えない角度から撮影した写真が多く寄せられています。

 この反響はめーちっさいさん自身にとっても完全に予想外。「なんとなくかわいいかな?くらいに作ったので正直こんなに反応が大きいとは思いませんでした」と、驚きを隠せない様子でした。

 空想と現実が絶妙にマッチしていることが、多くの支持を集めた理由かもしれませんね。動物たちが耳を外しているところ、ぜひ一度でいいから、この目で見てみたい瞬間です。

<記事化協力>
めーちっさいさん(@meetissai)

(山口弘剛)

【関連記事】

おすすめの記事