Yahoo! JAPAN

田中圭、犬を愛する青年を熱演!「生まれた時から実家に犬がいた」

動画ニュース「フィールドキャスター」

田中圭、犬を愛する青年を熱演!「生まれた時から実家に犬がいた」

田中圭さん主演、〈人と犬の絆〉を描く感動必至の感動作、映画『ハウ』の特報映像が公開されました。映画は8月19日に公開されます。

『ゼロの焦点』、『のぼうの城』などで日本アカデミー賞監督賞を受賞、 日本を代表する映画監督・犬童一心さんと、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで同賞脚本賞を受賞、『余命1ヶ月の花嫁』、『キセキーあの日のソビトー』など、人と人との温かい繋がりや、大切な人への想いを丁寧に描き続け、映画の原作者でもある斉藤ひろしさんが初のタッグを組み、映画化が実現されました。

主人公の民夫を演じるのは、田中圭さん。映画では、 婚約者にあっさりフラれ、人生最悪な時を迎え途方に暮れるちょっぴり気弱な青年を熱演します。

そして、もう1匹の主人公・ハウを演じるは、本作で初演技となる俳優犬のベックです。民夫と運命の出会いを果たし、優しく寄り添い、そっと支えるかけがえのない存在になっていく、ワンと鳴けない犬を好演します。

その俳優犬・ベックを指導したのは、『南極物語』、『ハチ公物語』、『クイール』、 『犬と私の10の約束』など数々の名だたる犬映画のドックトレーナーとして活躍し続けている宮忠臣さん。ベックは映画のために宮さんがトレーニングを行い、監督をも唸らす最高な演技を披露しました。

映画について、本格的に犬と共演するのはほぼ初めてだという田中さんは、「僕は生まれた時から実家に犬がいた生活で、犬は一番身近にいた存在なので、(今回の作品は)嬉しかったです」と喜びのコメント。

俳優犬・ベックと共演したことについては、「ベックは無邪気なんです(笑)。しかも色も真っ白で、ピュアさみたいなものに本当に癒されました。撮影中は、心が通う瞬間があるような気がしていましたし、元気な子犬なので、向こうが僕のことを慕って、頼りにしてくれる感覚を味わうことができました。この作品は、大切なペットがいる方は特に共感できるところがたくさんあると思います」と、よい関係が築けていたことを振り返りました。

プロデューサーの小池賢太郎さんは、田中さんの起用理由について、「田中圭さんの自然体で親しみやすい温厚な雰囲気が、主人公の民夫の心優しいキャラクター性と重なり、ハウの本質、根幹とも繋がるところがあると思いました」と語りました。

また現場では「撮影での田中さんとベックの雰囲気は、まるで昔から一緒にいるような感じで、どこかコンビとして、微笑ましく思えるところがあり、温かい時間の流れを感じることが出来ました」と、まさに田中さんとベックの相性の良さがうかがえました。

自身でも犬好きと話す田中さんと、映画でハウを演じる俳優犬ベックとの”共演”がどのようなアンサンブルになっているのか、いまから楽しみですね!


【関連記事】

おすすめの記事