Yahoo! JAPAN

深川麻衣、着ぐるみ姿の舘ひろしと初共演「すごく貴重な機会をいただいた」

ドワンゴジェイピー

深川麻衣、着ぐるみ姿の舘ひろしと初共演「すごく貴重な機会をいただいた」

女優の深川麻衣が21日、都内で行われた「マイナポイント事業 新CM発表会」に、俳優の舘ひろし、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とともに出席した。


マイナポイント事業は、「消費の活性化」と「マイナンバーカード」や「キャッシュレス決済」の普及を後押しすることを目的とした事業で、「マイナポイント」は、「マイナンバーカード」を取得した上で一定の手続を行った人に付与される。対象期間は2020年9月から 2021年3月までの7か月間、選択したキャッシュレス決済サービスで2万円のチャージまたは買い物をすると、1人あたり上限5000円分のポイントが付与される(付与率 25%)。

7月から申し込み開始となった同事業のイメージキャラクターに採用され、新CMに出演する3人は、それぞれ今回が初共演だったそうで、舘とともにCM内で着ぐるみを着ている深川は「お2人とも本当に優しくて、着ぐるみが暑いので冷風機を置いてくださっていたんですけど、舘さんは『風に当たりな』って場所を譲ってくださってすごく紳士的で、飯尾さんは今までずっとテレビで笑わせていただいていたので、お会いできて嬉しかったです」と共演の感想を語った。


また、CM内で着ぐるみを着た感想を聞かれた舘は「本当に暑くて、テーマパークで着ぐるみを着て踊っていらっしゃる方は本当に大変なんだなって痛感しました」と吐露し、同CM出演の話が来た際、事務所の先輩である渡哲也に話をしたそうで「『着ぐるみを着るので恥ずかしいんですよ』って申しましたら、渡から『お国の仕事なんだから誇りを持ってやれ!』って言われました(笑)。ですから私は、着ぐるみに誇りを持って頑張りました」と力を込めた。


そんな舘の着ぐるみ姿について深川は「またいつか作品で舘さんとご一緒できたら嬉しいですけど、着ぐるみ姿の舘さんとご一緒にできる機会はこれから先ないかもしれないと思うと、すごく貴重な機会をいただいたなと思います」と目を輝かせ、逆に深川の着ぐるみ姿について聞かれた舘は「かわいい方がかわいい格好をするわけですから、勝手にしろって感じです」と目尻を下げた。加えて、深川の演技について聞かれた舘は「何をやってもかわいいので、いいなあと思いました」とメロメロな様子だった。


さらに、着ぐるみ初体験したことにちなみ、最近、初体験したことを聞かれた深川は「ある日突然、コーヒーが飲めるようになりました」といい、「今までカフェオレは好きだったんですけど、コーヒーは苦さのほうが勝っちゃって飲めなかったんですけど、すごく暑い日飲んだら美味しいって感じました」とコメント。加えて、着てみたい衣装については「弓道着ですかね。私、中学・高校とずっと美術部で文化部だったので、運動部の弓道の白と黒のパリッとした武道着に憧れがあって、着てみたいなって思いました」と語った。


もし5000ポイントが付与されたら何に使いたいか質問されると、深川は“トースター”を挙げ「今うちにトースターがなくて、パンを焼くときに魚焼きグリルで焼いているんですけど、タイマーがついていないのでちょっと目を離すと焦げちゃったりして(笑)」と苦笑し、「なのでパンを焼く専用のトースターがほしいなって思いました」と答えると、舘は「かわいくて勝手にしろって感じですね(笑)」とニッコリ。


続けて、飯尾が“普段買わないが気になるもの”としてスターフルーツを挙げると、深川も「今、飯尾さんのお話しを聞いていて、確かに普段、買うのに勇気がいるけど、この機会に買うなら甘エビかなって思いました」と答え、「甘エビってお寿司でも2つしかないので、甘エビだけをお腹いっぱい食べてみたいと思っていて(笑)」と夢を語ると、飯尾も「わかる!」と納得した。


なお、新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言下で、どのような自粛生活を送っていたか聞かれると、深川は「洋服の断捨離をしたり、気分を変えたいなと思って部屋の模様替えをガラッとやってみたり、自炊をする時間がたくさんあったので、今まで作ったことのないものを作ってみようと思って、自炊もたくさんしていました」と打ち明け、どんなものを作ったのか追求されると「カオマンガイを作りました。ご飯を炊くときに鶏ムネ肉も一緒に炊いてしまって、あとはソースを作って上からかけるだけなので、すごく簡単で美味しかったです」と笑顔を見せた。


さらに、自粛期間が終わった現在も続けていることを尋ねられると、深川は「昔から手作りで何かを作ることが好きなんですけど、今回の自粛中も外出はできなかったので、ずっと“こういう置物がほしいな”と思っていたものを自分で作ってみたり、モビールを作ったりして、手作りで何かを作るということはこれからも続けたいなと思いました」と声を弾ませた。

おすすめの記事