Yahoo! JAPAN

検査を受け悪性腫瘍とほぼ確定「もう覚悟するしかありませんでした」

Ameba

シンガーソングライターの杉浦貴之さんは、22年前、28歳のときに肝臓の希少がんを患い、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」と告げられたという。そんな杉浦さんのブログ「2年生存率0%を生き抜いて」は、発病当時の様子を振り返る形でつづられている。

■ほぼ間違いなく悪性腫瘍と診断

ブログで22年前を振り返り「『実は良性だった』そんな言葉が出ないかと、検査を受けるたびに期待していました」とつづった。しかし、手術前最後の血管造影検査の結果「ほぼ間違いなく、悪性腫瘍」と診断されたことを明らかにし「もう覚悟するしかありませんでした」とコメントしている。

■手術は成功するも痛みに襲われ

1999年10月14日のことを振り返ったブログで「手術は無事に成功」したことをつづり「左腎臓全摘、リンパ節郭清手術でした」と明かした。続けて「手術で麻酔が効いたまま逝けたら…見守る両親を前に、そう一瞬でも考えてしまった自分を恥じました」とコメント。その後、強い痛みに襲われ「ナースコールのボタンをゲーム機のように連打し、麻酔の注射を懇願」したことを明かし「これも生きている証かぁ…」と実感した様子をつづっている。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 韓国チキン専門店「ペダルチキン」オープン 九州初上陸【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  2. この写真にピンと来たら落ちゲー通?積まれたビールケースが連鎖のタネっぽい

    おたくま経済新聞
  3. 猛暑も吹き飛ぶ!祇園辻利と茶寮都路里に爽快宇治茶スイーツ・ドリンク登場

    PrettyOnline
  4. 【PEANUTS】バッグやポーチも!豪華「スヌーピーの“郵便局限定”グッズ」一挙紹介♪【再販売も】

    ウレぴあ総研
  5. 821 ユリナ&リコ[インタビュー]“唯一無二の存在”を名に持つガールズユニットが新曲で提示した自分たちらしさと進化「初心を忘れずに感謝の気持ちをしっかり届けたい」

    Pop’n’Roll
  6. 舞台「鬼滅の刃」其ノ参 無限夢列車 熱き炎を宿した闘いの幕開けを予感させる、ビジュアル第2弾が公開

    SPICE
  7. 愛知県内25蔵が集結『秋酒祭』10月1日(土)・2日(日)に3年ぶり開催

    SPICE
  8. NIKO NIKO TAN TAN、マッドでカオスな最新EP「?」でつかんだ夢の続き――「好きな音楽とか信じてる音楽の詰め合わせを聴かせてる感覚」

    SPICE
  9. ご当地カレーを食べて旅行気分を味わおう!第3弾(美瑛町・東川町・常呂町)

    asatan
  10. 実は「二輪免許」持ちでビックリの女性芸能人TOP10

    ランキングー!