Yahoo! JAPAN

ウチナー祭 オンラインで「沖縄」届ける 新たな挑戦も盛況に〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

仲通にある鶴見沖縄県人会館を会場に行われた生配信(実行委員会提供)

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、初となるオンライン生配信での開催となった「鶴見ウチナー祭」が、11月8日にあった。

東寺尾の沖縄ショップ・ぷからす家が、関内で実施していた「横浜沖縄産業発展祭ウチナー祭」をベースに、2016年から入船公園を会場に行われていた「鶴見ウチナー祭」。沖縄にゆかりのある区民らが中心となり、2日間の開催で最大7万人を集める人気イベントに成長していた。

今年はコロナの影響もあったが、実行委員会で話し合いを続け、来年以降にもつながるようにと動画配信サイト・YouTubeなどでのオンライン配信に挑戦。当日は、正午から午後6時までの6時間にわたり、沖縄伝統のエイサーや琉球舞踊などのステージのほか、人気バンド・かりゆし58の前川真悟さんや、歌手の平川美香さんら、沖縄ゆかりの豪華ゲストが生配信で「ウチナータイム」を届けた。

配信中、視聴者からは「オンラインも良い」といったコメントも寄せられた。実行委員長を務めた沖縄物産センターの下里優太さんは「初の試みで不安もあったが、たくさんの応援と協賛のおかげで成功させることができた」と感謝。「この経験をいかし、来年はもっとパワーアップしたい」と意気込みを語った。

配信映像は今後もウチナー祭のYouTubeチャンネルで視聴可能。16日現在、再生回数1万3千回を超えている。

【関連記事】

おすすめの記事