Yahoo! JAPAN

先輩さすがッス!あとからジワジワ腑に落ちた「母の例え話」の納得感がスゴい

笑うメディアCuRAZY

先輩さすがッス!あとからジワジワ腑に落ちた「母の例え話」の納得感がスゴい

四六時中生活を共にし、子供のありとあらゆる世話を担当する親。子供の視点では、親というものをどういった風に捉えているのでしょうか。インスタグラムで活躍されるぴなぱさんは先日「子供から見た親」に関してを綴った漫画を公開されました。

あらすじ

ある日、ぴなぱさんは自身のお母さんから「母親とはコンビニみたいなもの」といったコメントを受け取ります。

親はコンビニ。提供:ぴなぱさん

最初はその意味がよくわからなかったぴなぱさん。娘ちゃんの様子を観測していると、しっかり腑に落ちたのだとか…。

どういうことだろう…。提供:ぴなぱさん

親と子供の関係を、ユニークな視点から綴ったこの漫画。投稿者のぴなぱ(@pinapapinapa)さんに、漫画を描いたきっかけや育児について、お話を伺いました。

インタビュー

――いつから、どのようなことがきっかけでインスタで漫画を書き始めたのでしょうか?

ぴなぱさん:長女妊娠中から育児ブログを読んでいて、出産後自分でも描いてみたいと思いブログで漫画を描き始めました。インスタはさらにたくさんの人に読んでもらえたらと思い、次女出産後しばらくしてから、ブログ記事の再掲を中心に始めました。

――漫画の件以外で「コンビニっぽい利用のされ方」を感じる場面はありますか?

ぴなぱさん:「お茶」とか「トイレ」とか、用事が済んだらさっさと行ってしまうのがコンビニっぽいなと思います。

――子育てをしていて一番「大変だなぁ」と思うことはなんですか?

ぴなぱさん:最近は姉妹喧嘩が増えてきて、どちらの味方もできない時なんかに大変だなぁと思います。

――最後に、今後どういった活動に取り組んでいきたいですか?

ぴなぱさん:今と変わらずマイペースに続けていけたらと思っています。

自分のタイミングで用事を伝えて、それが済んだらそそくさと消えていく子供——ぴなぱさんのお母さんの「母はコンビニ」という表現は、案外的を射ているのかもしれませんね。

作品提供・取材協力:ぴなぱ

【関連記事】

おすすめの記事