Yahoo! JAPAN

御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】

TSURINEWS

ジギングでキャッチしたカンパチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・加藤正則)

9月11日、静岡県御前崎市の第八共栄丸に乗り、ジギングでカンパチを狙った。本命以外にイナダやイサキもキャッチできた釣行をレポートしたい。

第八共栄丸でジギング

9月11日、静岡県御前崎の第八共栄丸に乗り、ジギングでカンパチを狙う。

今年の御前崎沖はカンパチの当たり年と言われている。初夏以降、数kg台のサイズが連日のように顔を見せ、機会こそまれだが、10~20kg台の大物もキャッチされている。

午前5時すぎに出船、船は御前崎の南東沖にある水深60mほどのポイントに入った。当日は、シケ後の平日とあって乗船者も少なく、ドテラで流すため、ヒットパターンを探るべく、川口船長もロッドを出してくれた。

乗船した第八共栄丸(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

私はまず大型に夢をはせ、PEライン3号を巻いたタックルに220gのジグをセット。底から15mぐらいまでをジャークパターンを変えながら探っていく。

当エリアでは、カンパチをスローピッチで狙うのが主流だが、ベイトの種類や活性によっては、ハイピッチが有効なケースもある。まずは高活性な個体からアプローチしていくべく、ハイピッチとした。

船長にマダイ50cm

しばらくやっていると、スローピッチで攻めていた川口船長にヒット。上がったのは50cmアップの食べごろサイズのマダイ。ヒットジグはウロコジグ200g。このサイズのジグを食ってくるということは、大きなベイトがエサになっているようだ。

朝イチに船長がマダイ手中(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

その後、PEライン2号を巻いたタックルに変更し、ジグのサイズも落とし、遅めの誘いに変えるなど試していったが、カサゴや、30cm前後のイサキがポツポツヒットするだけで、カンパチやハタなど大型魚のバイトがないまま、すっかり日も高くなってしまった。

鳥山狙いでハマチ

ちょっと焦り始めた私と船長。この後、御前崎の先端西側の浅い岩礁帯に移動する途中、巨大なトリヤマに遭遇。前日に僚船の波丸では、カツオやハガツオがキャッチされていたので、もしやと期待し、これを攻めてみることになった。

巨大なトリヤマに遭遇(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

船長の巧みな操船で、トリヤマを散らさないようコンタクトに成功。軽くキャストし、中層からハイピッチでシャクっていく。残り20mを切ったところでヒット。

やがて姿を見せたのは、見慣れた顔のハマチ。5cmほどのイワシの稚魚を吐き出した。

正体はハマチ(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

これはカツオも大好きなベイト。今回は留守だったが、いずれチャンスはあるだろうと次回に期待することにした。

本命不発もイサキ活発

さて、トリヤマの主が分かったところで船は目当てのポイントに移動。御前崎の先端を、遠く右前に臨む浅場に入った。

ここは、ハタ系やマダイ、シオ(カンパチの若魚)などの実績が高いポイント。タックルをライトジギング用に変え、ボトムから中層までを、ジグをスイミングさせる誘いでサーチしていく。

しかし、潮の動きが悪いためか、マダイや回遊魚はもちろん、底物もヒットしない。そんななかでも、やたら元気だったのがイサキ。マダイ狙いのTGベイト(120g)にはもちろん、スローピッチで誘う船長の大きなジグにも無理やりヒットしてくる。どう考えても捕食ではなく、興味本位でアタックしてきているようだ。

イサキとジグ(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

派手に誘う作戦に変更

しかし、このイサキの行動が、無難な方向に逃げつつあった私の作戦に一石を投じ、考え方を転換させてくれた。食い気がないなら、ナチュラルな誘いでエサに似せるのはやめ、リアクションバイトで食いつかせる作戦に賭けてみようと。

次の流しで、PEライン2号を巻いたベイトタックルに戻し、ジグはお気に入りのケイタンジグSTD150gをセット。あたかもヒラマサを狙うときのようなワイドなワンピッチで、バンバンジグを飛ばしてやった。場合によっては低活性な魚を散らしかねないもろ刃の剣だが、地味に誘っても食わないなら結果は同じだ。

底付近で本命ヒット

カンパチは底層回遊魚、水深も30mしかないので、底から10m以内を、ジャークスピード、ジグを引く距離を変えながら探っていった。何度目かのトレースの後、ボトムを切って2シャクリ目、上昇中のジグをねじ伏せるように、もんどり打ってヒットした。

のたうつ魚の感触がロッドに伝わる。遠慮なくフッキングを入れ、そのまま魚の頭を制御しにかかったが、相手はドラグを滑らせ、まっしぐらに底に向かう。指ドラグを効かせて止めたが、逆に火が着いたように加速し、逃走を図ろうとする。間違いなくカンパチだ。

船長に海底の状況を聞くと、そう荒くはないとのこと。一瞬ロッドを送って魚の向きを変え、こちらを向いた隙に、ショートポンピングでグイグイとリフトし、主導権を握った。

5kg級カンパチ浮上

続いて、相手は船下を逆舷に向かったが、ロッドでため、ぐるりと旋回したところでそのまま巻き寄せ、水面でもうひと回りした後、船長がスマートにネットイン。

キャッチしたのは極太の4~5kg級カンパチだった。ふと時計を見ると、沖上がりまで残り30分ほど。ドラマチックな展開に、とても充実した釣行となった。

沖上がり30分前にカンパチ登場(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

御前崎沖の魅力

御前崎沖はとても懐が深いフィールドだ。狙える魚には、カンパチや大型のハタ類が名を連ね、近海タックルでは手も足も出ないモンスターとの遭遇事件も年に何度か見聞きする。

また、釣れるとうれしいアマダイやメイチダイ、ウメイロなどの高級魚のほか、渡り鳥のように現れるカツオの仲間など魚種も豊富。

さらに、イサキやロックフィッシュ、シオなど、ライトゲームの対象魚の魚影も濃く、手軽に遊ぶこともできる。大物ハンターからビギナーまで、多様なアングラーを楽しませてくれるのが、このフィールドの雄大さであり、優しさだ。

この日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版・加藤正則)

<週刊つりニュース中部版 加藤正則/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年9月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post御前崎沖オフショアジギングで5kg級カンパチ浮上【第八共栄丸】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事