Yahoo! JAPAN

【意外グルメ】ミルクに食パンと氷を入れたアイススイーツがすげーうまい! 革命的なウマさ「シュエジンエイ」

東京メインディッシュ

これ、ぜひともマネして欲しい。自宅でもできるはず。ミルクやココナッツミルクに食パンを浸し、そこに氷を投入したスイーツ。お好みでゼリーや寒天、タピオカ、もち米などを入れれば完成度が高まります。

・仕上げに氷を入れて完成

このスイーツはミャンマーの屋台料理として知られている「シュエジンエイ」(shwe yin aye)。砂糖や練乳などで甘くしたココナッツミルクに食パンを浸し、そこにタピオカやもち米などを入れたもの。仕上げに氷を入れて完成です。

・氷がミルクと食パンを冷やす

ミャンマーはとても暑い国。しかしどこにでもエアコンや扇風機があるわけではありません。そんな暑い日、涼しむためにはシュエジンエイを食べればOK。ひんやりとしたココナッツミルクが心地良い涼しさを与えてくれるのはもちろん、氷がどんどんココナッツミルクと食パンを冷やし、美味しさと涼しさで楽しませてくれます。


・屋台によって違うテイスト

屋台によって、使用しているココナッツミルクやミルク、ゼリー等の食材が大きく変化します。たとえ同じ種類の食材だとしても、濃度、味、食感が大きく違います。よって、屋台をめぐって味比べもできるわけです。

・自宅でも作れそう

食材がシンブルなので、日本の自宅でも作ることができると思います。完全に現地と同じテイストにすることは難しいかもしれませんが、限りなく近い味にはできると思います。家で冷たいアイススイーツが食べたくなったら試してみてはいかが? 氷を市販のアイスにすると楽しいアレンジができそうですね。

【関連記事】

おすすめの記事