Yahoo! JAPAN

アイバニーズ“Iceman”のウクレレ現る!!

YOUNG

Ibanez UICT10

アイバニーズの多様なギター&ベースの中から、人気シェイプの1つである“Iceman”をかたどったエレクトリック・ウクレレ“UICT10”が登場した。

“Iceman”は’KISSのポール・スタンレーやチープ・トリックのリック・ニールセンなどが愛用していたことでも昔からよく知られており、ドラゴンフォースのサム・トットマンやシステム・オブ・ア・ダウンのダロン・マラキアンなどもシグネチュアを制作。ポール・ギルバートなどは、“Iceman”に加えてそのシェイプを反転させた“Fireman”というシグネチュア・シリーズを現在のメイン機としており、ロック/メタル系ギタリストの間でも長年にわたり定評のあるシェイプとなっている。そんなデザインが、まさかウクレレに適用されるとは!? アイバニーズならではのユニークな発想である。

今回登場した“UICT10”は、複雑な曲面を持つ“Iceman”のシェイプを高い精度で再現するため、ボディー・バック&サイドは複数材の貼り合わせではなく、厚みのあるオコウメ(オクメ)材をくり抜いて成形しているのが最大の特徴だ。また、フィニッシュにはキャンディ・アップル・レッドといった、普通のウクレレでは見かけることのできないメタリック・グロス・カラーが3種類ラインナップ。

演奏面においても、ネックは432mmスケールと長めのテナー・ウクレレで、弦の張力を感じやすくタイトな音質が得られる上、ギターからの持ち替えも違和感が少ないと思われる。そして、元来チューニングの狂いやすいウクレレだけに、ボディー側面に搭載されたチューナーは重宝すること間違いなし。プリアンプでは高域と低域を別々に設定できる。調整可能なトラスロッド・ネックなども装備された、なかなかのしっかり者だ。

数量限定のスポット生産モデルとなる“UICT10”は、“Iceman”のファン必見のコレクターズ・アイテムとなるだろうう。ちょっとウクレレに手を出してみたいけど、世界観が違い過ぎて二の足を踏んでいた…というロックなギタリストにもピッタリ!?

アイバニーズ“UICT10”概要

ラインナップ:
UICT-10 CA MGS MM
カラーリング:CA(キャンディ・アップル・レッド)、MGS(メタリック・グレー・サンバースト)、MM(ミッドナイト・メタリック)
トップ:スプルース
サイド&バック:オコウメ
ネック:オコウメ
指板&ブリッジ:パープルハート
ナット&サドル:プラスティック
ペグ:グローヴァー製オープン・ギア・タイプ
弦:アイバニーズ/Aquila NYLBLACK Ukulele strings
ピックアップ:アイバニーズ“Under Saddle Pickup”
プリアンプ:アイバニーズ“AEQ-2UT”(オンボード・チューナー付き)
その他:専用ソフト・ケース付属

価格:41800円(税込)

製品情報:
アイバニーズ 公式ウェブサイト

【関連記事】

おすすめの記事