Yahoo! JAPAN

<単独インタビュー>要潤 “超イケボ”でショートフィルムの魅力語る 「セリフがなくても楽しめる」  @ショートショートフィルムフェスタ

動画ニュース「フィールドキャスター」

<単独インタビュー>要潤 “超イケボ”でショートフィルムの魅力語る 「セリフがなくても楽しめる」  @ショートショートフィルムフェスタ

今月16日、米国アカデミー賞公認の映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』の一環で、企業や広告会社がブランディングを目的に製作した、ショートフィルムの祭典「BRANDED SHORTS 2021」が行われました。

本イベントでは、世界の企業や団体から応募された500本以上の作品の中から、 31作品を厳選し配信。 審査員の一人として、俳優の要潤さんが登壇しました。

イベント終了後、フィールドキャスターは、要さんの単独インタビューに成功!
早速、審査員として出展された作品を見た感想を聞くと「どれもクオリティが高く、甲乙つけ難い作品だった。尺の長さ関係なく、メッセージ性が強く、密度が濃かった」と“超イケボ”でクールに振り返りました。

ショートフィルムは、長編映画と比べると、半分以下の尺でまとめている作品が多いが、「今、映画に対する向き合い方が変わってきている。長編が観れない方にとって、ショートはすごく利点がある。今回はブランデッドムービーだったが、企業の理念などをセリフがあっても、なくても観れるのがすごく大きい」と短尺ならではのメリットを語りました。

昨今のコロナ禍により、元気のない日本社会。
そんな中、映画の存在について聞くこと「改めてこういうご時世だからこそ、映画はより娯楽の一つであるべきだと感じた。遠く(旅行)に行けないことも多いが、映画館なら一人で行っても十分に楽しめるエンターテイメントとして成立すると感じた」とコメント。

だからこそ「我々の創作はどんどん続けて行かなくてはと思った。現状を打開して元の生活に戻りったら、この(コロナ禍の)経験を生かしてものづくりに没頭したい」と今後の姿勢を、これまた“超イケボ”でアピールしました。


【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編 営業部・齋藤智さんの場合 | 沖縄・兵庫

    WEBマガジン HEAT
  2. 【京都】シェフがこっそり教える「一度は食べておくべきテイクアウトグルメ」3選

    anna(アンナ)
  3. 【読めそうで読めない】「鮃」の正しい読み方は?「たい」は間違い?

    LAURIER PRESS
  4. 2021年5月2日オープン Pizzeria La Balena(ピッツェリア ラ バレーナ)

    京都速報
  5. 本当に当たった!ママたちが当選したことがある、すごい懸賞品とは?

    ママスタセレクト
  6. <父娘の里帰り出産>母を亡くしたばかりの実家。孫を心待ちにする父……私は帰るべき?【後編】まんが

    ママスタセレクト
  7. 東京五輪女子バスケで日本が劇的勝利!メダルかけて準決勝フランス戦へ

    SPAIA
  8. <本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【前編】まんが

    ママスタセレクト
  9. <残酷な孫差別>【後編】実母の孫差別が許せない!非常識な毒親と今後も関わらないといけない?

    ママスタセレクト
  10. 【読めたらスゴイ漢字】「玉蜀黍」なんてよむ?“夏に美味しい黄色い食べ物”です。

    saita