Yahoo! JAPAN

秋の『新子』アオリイカシーズンスタート 2日間のエギングで12杯

TSURINEWS

新子アオリイカをキャッチ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

9月といえば、新子アオリイカのシーズンだ。状況を探りに兵庫県の大蔵海岸へエギングゲームに出かけた。2日間で12杯をキャッチした釣行をお届け。

アオリイカの新子シーズン

秋雨前線による季節外れの長雨のため、せっかくのお盆休みの釣行計画が台無しになった。本当なら今ごろは80cmオーバーのシーバスやら10kgオーバーのブリ、年無しチヌやらを釣ってウハウハだったはず……。などとバカな妄想をしているうちにも時節は進み9月に入った。

9月と言えばすくすくと育ったアオリイカの新子が元気に相手をしてくれるはず。と言うことで、9月1日、5日とアオリイカの新子の状況を探りに大蔵海岸へと釣行した。

人気釣り場「大蔵海岸」

大蔵海岸は転落防止柵のある足場のいい護岸で、トイレや駐車場も完備されている。JR朝霧駅から5分と電車釣行も可能であり、手軽にエントリーできる釣り場ながら、明石海峡に面しているため釣りの対象魚種は豊富。ファミリーや女性からベテラン釣り師まで1年を通してにぎわっている人気の釣りスポットである。

秋は魚種豊富に狙える

秋は最も多くの魚種が狙える季節。早朝から青物狙いのショアジギンガ―が所狭しと並び、明石海峡に向けてジグを投げてはジャークを繰り返すのは、この時季の風物詩のようなものである。

新子エギングゲーム

秋の大蔵海岸でアングラーに人気の魚種のひとつがアオリイカの新子だ。瀬戸内(明石)におけるアオリイカの産卵は、ゴールデンウィーク明けから7月いっぱいぐらいまで。その卵が孵化してエギで狙える程度にまで育つのが9月なのだ。今回はいよいよアオリイカの新子のシーズン開幕の大蔵海岸で、アオリイカの新子狙いである。

新子エギングタックル

新子の引きを楽しむには通常のエギングロッドでは強すぎるので、ライトゲーム用ロッドの「3代目クロステージ CRX-T862M」を使用した。リール他は通常のエギング用のものである。

他タックルはタックル図を参考いただきたい。

私のタックル(作図:TSURINEWSライター森英雄)

9月1日の状況

釣行日時:9月1日 3時~10時
潮汐:長潮
ポイント:「龍の湯」前の護岸一帯

夜明け前に本命登場

一杯目が釣れたのは夜明け前だった。

1匹目の新子アオリイカ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

まだ薄暗い時間帯。アオリイカ特有のクンクンという小気味いい引きで上がってきたのは、エギ王Qライブ 2号(レッド赤グローカラー)よりも少し大きい程度のアオリイカの新子だった。暗い時間であれ明るい時間であれ釣れるのはもちろんうれしいが、アオリイカの新子はサイトフィッシングで釣るのが楽しい。だから新子エギングの本番は明るくなってからだ。

夜明けても視認できず

しかし、夜が明けてサイトフィッシング本番になっても、アオリイカの新子がまったく確認できない。足元までしゃくってきたエギの周辺を見回すが、イカらしい姿が見当たらないのだ。何度かエギを投げてはポイントを少し移動しながら探っていくが、エギを追ってくる新子の姿はない。この時季にアオリイカの新子がいないはずはないので、ポイントがズレているのか、はたまた他に要因があるのか……?

潮動くと新子登場

そんなことを考えていた時にふと思い当たったのが潮の動き。今日は長潮だ。ただでさえ大きく動かない潮の上に、明石海峡の潮流図を確認するとちょうど上げ潮から下げ潮にかわったタイミング。潮が動いていないから新子の反応がないのだろう。そう考えてしばらくは辛抱強くエギを投げ返すことにする。

夜明けから小一時間も経ったころ、エギの後ろを追ってくる3杯の新子の姿が見えた。潮が動き始めたのか、ようやくイカの反応が出てきたようだ。イカをはじめ海の魚は潮の動きに実に正直だ。

サイトフィッシング開始

エギを投げ返してシャクってくると、先ほどの3杯以外のイカもエギを追ってきた。ここからが新子アオリイカのサイトフィッシングの本番だ。エギを水面直下までシャクってからピタッと止める。チャンス!とばかりに新子はエギに飛びかかろうとするが、エギの寸前でストップ。そしてゆっくりと後ずさりしていく。

イカが遠ざかるのを見て、止めていたエギをフリーフォールさせる。獲物を逃がしては大変!とばかりに新子が飛んでくるが、途中でエギを追いかけるのを止めてしまう。もう一度水面までエギをシャクって止める。エギを取り囲んで様子をうかがっていた新子が飛んでくるが、やはりカンナの数cm手前でピタッと止まった。

イカと遊んでいるのか、イカに人間が遊ばれているのか……。しかし新子がエギを抱きそうで抱かないハラハラドキドキのやり取りこそ、アオリイカの新子エギングの醍醐味である。

「焦らし作戦」的中

またエギをフリーフォールさせる。今度は追いかけてきた新子がストップする前にエギをシャクリ上げ、止めずにフリーフォールさせる。飛んできた新子の前でまたエギをシャクってフォールさせる。焦らし作戦だ。

フォールさせていたエギをパンパンパンッとシャクリ上げ、今度は水面直下で止める。焦らされたイカがたまらずエギを抱いた。

焦らし作戦的中(提供:TSURINEWSライター森英雄)

コロッケサイズと呼ぶにはまだ少し小さい新子だ。エギに掛かったアオリイカは墨を吐くため、他のイカが警戒してしばらくはそのポイントはダメになる。一杯釣ったら少しポイントを移動して探っていく。

最終釣果

こうしてポイントを移動しながら、この後4杯を追加。

ポイントを移動しながら追加(提供:TSURINEWSライター森英雄)

胴長12cmを頭に、この日は合計6杯の釣果となった。

9月5日にも釣行

釣行日時:9月5日 14時~17時
潮汐:大潮
ポイント:「龍の湯」前の護岸一帯

当日は午前中に用事があったため、昼過ぎからの釣りスタートとなった。空いているポイントに入ってタックルを準備。エギ王Qライブ 2号 オレンジ虹グローカラーからスタートする。

誘い出し作戦

新子は波止の基礎石周りに付いていることが多いので、その少し先にエギをキャストしてフォールさせ、そこからエギが見えるところまで一気にシャクリ上げてくる。基礎石周りに隠れている新子をサイトフィッシングができる表層に誘い出す作戦だ。

早々に新子キャッチ

案の定、数杯の新子がエギの後ろを追いかけてくるのが見えた。飛ぶようにエギに向かってくるが、寸前でピタッと止まって後ずさりしていく。エギをその場でフリーフォールさせるとまた追いかけてくるが、これも途中で止めてス~っと遠ざかっていく。イカが後ずさりを始めたタイミングですかさずジャークを入れ、またエギを水面直下までシャクリ上げる。ピタッと止めたエギに新子が飛びついてきた。

5日の1匹目(提供:TSURINEWSライター森英雄)

同ポイントでは追加なし

一杯釣れたので少しポイントを移動……といきたいが、この日は日曜日。ファミリーフィッシングの親子連れも多く、思うようにポイント移動ができない。仕方なくその場でエギを投げ返してみるが、先ほど釣り上げた新子が吐いた墨に警戒しているのか、イカは姿を現さない。もう一度、基礎石の先に軽くエギをキャスト。一気にシャクリ上げて水面直下でステイさせる。だが、やはり新子の姿は確認できない……。

新子の群れ発見

どこか入れるポイントはないかと辺りを見回していると、親子連れのお父さんらしき人がエギングをしているのが見えた。その隣が少し空いていたので移動してその方のエギの周りを見てみると、なんとすごい数の新子の群れがいる!その方に声を掛けて隣に入らせていただき、ぼくもそこでエギを投げさせてもらうことにした。着水してフォールしていくエギの周りを、何杯もの新子が追いかけて行くのが見える。パンパンパンッとエギを跳ね上げると、我先にとエギに飛びつこうとする。

エギカラー変更でヒット

さすがにすぐにはエギを抱かないが、新子の数が多いと他のイカにエサを取られまいとする心理(?)が働いて、明らかにエギに対する反応がいい。一杯がエギに近づくとすぐに周りにいるイカも寄ってくる。ここで目先をかえようとエギのカラーをブラック金グローにチェンジ。エギを軽くキャストして2mほどフォールさせ、表層までダートさせて止めると、たまらず一杯の新子がエギに飛びついた。

エギカラー変更でキャッチ(提供:TSURINEWSライター森英雄)

このポイントでは釣った新子が墨を吐いても、まだ多くのイカが逃げることなく浮いていた。ほんの少しエギを投げるところをずらしたりしながら、この後もこのポイントで4杯の新子を追加することができた。

最終釣果と今後の展望

1日、5日ともに新子アオリイカ6杯の釣果で納竿とした。遊泳力の弱い新子は護岸の基礎石周りに潜んでいることが多い。基礎石周りを中心に探っていったことが釣果に繋がったと思う。

今後の展望

新子アオリイカのサイトフィッシングが楽しめるのは、例年9月いっぱいといったところ。それ以降になるとアオリイカも警戒心が強くなり、サイトで釣るのは難しくなってくる。新子アオリイカのサイトフィッシングは、エギをどう動かせばイカがどう反応するのかということが目で見て勉強できるチャンス。エギング歴の長いアングラーでも夢中になるサイトフィッシングだが、エギングを始めて間もないという方には特におすすめの釣りである。

<森英雄/TSURINEWSライター>

The post秋の『新子』アオリイカシーズンスタート 2日間のエギングで12杯first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事