Yahoo! JAPAN

今さら聞けない『シーバスゲーム』基本:ウェーディングの利点と注意点

TSURINEWS

ウェ―ディングゲームでキャッチしたシーバス(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

不動の人気を誇るシーバスゲーム。その中でもウェーダーを用いたウェーディングゲームは、コアな部類に入る。今回はウェーディングの利点と注意点を解説していく。

ウェーディングゲームの利点

スニーカーでもできる陸っぱりの釣りと比べ、ウェーディングゲームには利点がたくさんある。

攻略エリアが広がる

延々とシャローが続く干潟や、潮が満ちると足場が水没してしまう護岸等。普段着では立ち入ることのできない場所でもウェーダーがあれば攻略が可能に。

競合相手が減る

シーバスゲームはポピュラーな部類なので間口が広く釣り人口は多い方だろう。そのため少ない釣り場を多くのアングラーが狙っている。しかし人気スポットでも大潮で水没してしまうような場所は、ウェーダーを準備するのをめんどくさがって帰ってしまう人も多い。

魚との距離が近い

入水して行うウェーディングゲームでは魚を掛けてから取り込むまでの距離が近く、よりエキサイティングなファイトになる。魚を陸にあげる必要もないので魚へのダメージも最小限になる。

陸に上げないので魚に優しい(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ウェーディングゲームの魅力

先ほどもあげたように、ウェーディングゲームには陸からでは味わえない特殊なエキサイティングさがある。

ウェーディングにはエモさがある(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

魚との距離が近いので、フィッシュグリップを用いたランディングをすることもでき、釣った魚と同じ水に浸かっているというなんともエモい感覚があるのだ。シーバスアングラーの中には「釣れるから」というよりは、「ウェーディングゲームが好きだから」やっていると言う人も多い。そもそも水の中に入る行為自体が特殊なので、その感覚を楽しむという感じもある。

釣れる、という以外にも一味違うロケーションや魚との触れ合いを楽しむというメリットが多いのだ。

ウェーディングゲームの注意点

そんな利点や魅力にあふれるウェーディングゲームだが、当然注意しなければならないところもある。始める前にぜひ確認しておいてほしい。

アカエイ

シーバスアングラーには馴染み深い生き物であると同時に、とても危険な生き物である。尻尾にある棘には強い毒があり、刺されると命の危険もある。エイガードなるプロテクターも市販されているが、まず刺されないことが何より大事。移動時は必ずゆっくりとすり足で動くようにすれば、エイを蹴ってしまっても驚いて逃げていく。エイを上から踏まないことが大事だ。

慣れないうちは膝下まで

水中にはなにがあるかわからない。石や急な窪み、切れた釣りイトなど、転倒リスクが高い。慣れないうちは膝までの入水とし、必ず二人以上で行動しよう。

無理せず落ち着いて釣りをする

目の前でボイルが起こったり潮目が入ったりするとついついざぶざぶと深くまで入ってしまいがちだが、一旦冷静になりどこまで入っていけるのか?石や窪みはないか?などを冷静に判断して行動するようにしよう。転倒して、無事だったとしても大事なタックルを破損したり、風邪を引いてしまっては元も子もない。

無理せず落ち着いて釣ろう(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

水の中に入るというのはかなり危ない行為でもある。絶対に忘れてはいけないのはその怖さを釣りたい欲が超えないように注意することだ。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けない『シーバスゲーム』基本:ウェーディングの利点と注意点first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事