Yahoo! JAPAN

<気をつけて!>兄は40代、恋人は50代。デートの食事代を母に出してもらってる!?【まんが】

ママスタセレクト

ある日、バツイチの兄(42歳)から「彼女ができたんだ」で連絡がありました。兄の彼女は54歳で、なぜか食事の支払いはいつも母がしているのだとか。心配になった私は、母に確認することにしました。すると……。

支払いの際に、一応兄も彼女も遠慮する素振りは見せるそうですが、「じゃあご馳走になります!」と結局は母が支払うことになり、その支払額はいつも万を超えるといいます。

母:「またケンカしないでよ。もしかして(彼女は)私を将来の親だと思って甘えてるのかもしれないし。どんな彼女でも誰かいてくれると安心だから……」 母の気持ちもわかります。ずっと独り身かもしれない兄の行く末を案じているのでしょう。でも母(66歳)と兄(42歳)は2まわりちがい、なので彼女はちょうど母と兄の間です。私は兄に一言言わないと気がすみませんでした。

「ズルい!」だなんて、わが兄ながらなんて小さなオトコだろうと思いました。彼女の誕生日を母に支払わせるなんて、気持ちが悪くすらあります。 私は「あんたにつける薬はないわ」と兄との電話を切りました。 母には「もう(兄と)縁を切ったら?」と言いましたが、「息子のことは私に責任がある」と言って聞きません。その後、料亭に行ったか行ってないかは知りませんが、兄は彼女と別れたと聞きました。母が毎回ご馳走していたことから、実家にお金があると思っていたようですが、母が支払わなくなると自然と会う回数も減り、別れてしまったそうです。兄然り、彼女然り、歳を取っても大人になりきれない稚拙な人は多いのだとあらためて感じたできごとでした。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ファミマ限定 SNSで話題のチーズケーキ「にゃんともおいしいチーズケーキ」が5月17日より再登場

    おたくま経済新聞
  2. 伊﨑央登主演で、劇団TEAM-ODACが小説「破天荒フェニックス」を舞台化 

    SPICE
  3. 騒動の舞台、山口県阿武町はどんな地か_騒ぎとは対照的にのんびりうららか居心地いいところいっぱい

    鉄道チャンネル
  4. 高橋一生の“足りない点”「目が笑ってない」

    フジテレビュー!!
  5. 【オークス】アートハウスにGⅠ級の能力あり! 東大・京大の見解は?【動画あり】

    SPAIA
  6. 森山直太朗ら実力派シンガーが集結 『母に感謝のコンサート』初の東京公演を振り返る

    SPICE
  7. 「10代らしさ、大人たちの青春にドキドキ」~舞台『晴れときどき、わかば荘 あらあら』小林竜之×佐藤祐吾インタビュー

    SPICE
  8. 舞台『室温』主演の古川雄輝、役を死なせないためにかかえる俳優としての苦しみ「自分にとってこの仕事は楽しさが2割くらい」

    SPICE
  9. 初デートで失敗したかもと思ったら|挽回して次回に繋げる方法|bis

    magacol
  10. 劇団鹿殺し、20周年記念公演第二弾は3年ぶりの新作 松島庄汰、河内大和、多田直人、谷山知宏らがゲスト出演

    SPICE