Yahoo! JAPAN

秋を味わう3品を15分で同時調理!ワーママにおすすめ献立レシピ

たべぷろ

キッズ食育マスタートレーナー、子どもの食育料理研究家の増田陽子です。まだ暑い日が続きますが、秋の食材も少しずつ出てきて季節の移り変わりを感じますね!秋に旬を迎える食材は、れんこん、人参、さつまいもなどの根菜類などがあります。またきのこ類は年間を通して食べられるものが多いですが、秋を感じさせる食材の一つです。そしてこれからは米の収穫時期を迎え、新米も徐々に出てきますね!
今回はそれらの食材を使ったワーママにおすすめの15分で3品の料理ができるレシピをご紹介します。

【さつまいもとクリームチーズのごまサラダ】炊飯器でほっくり甘くなったさつまいもがおいしい!

【材料】(4人分)
さつまいも 1本(200〜300g)
クリームチーズ 30〜40g(小ポーションタイプなら2個)
ベーコン(ハーフ) 2枚
すりごま 大さじ1

【作り方】
1.さつまいもは太ければ縦半分に切って表面を水で洗い、それぞれをアルミホイルでくるみ、米を炊飯する際に米の上にのせて炊く。

※切った断面を水で流すことにより、色がきれいに仕上がります。細いさつまいもなら周りをさっと洗ってアルミホイルでくるむだけでいいです。炊飯器で一緒に炊くことでとてもしっとりと甘くなるのでおすすめです!

2.ベーコンを1cm幅に切り、フライパンを熱し、油をひかずにカリカリになるまで炒める。

※フライパンは洗わず、そのまま「れんこんと豚肉の混ぜご飯」で炒める作業にうつってOKです。

3.さつまいもをボウルに入れて潰しながら皮は適度に取る。クリームチーズを手でちぎりながら入れ、ベーコン・すりごまを加えて和える。

※さつまいもを一緒に入れられなかった場合
1.5cm厚の輪切りにして水にさらしたのち、耐熱皿に並べ、ふんわりとラップをして電子レンジ600W5〜6分、火が通るまで加熱する。

【れんこんと豚肉の混ぜご飯】甘めに味付けした具材と白いご飯の組み合わせでごはんがすすむ!

【材料】(4人分)
豚肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
れんこん 1/2節(100g)
人参 1/3本(50g)
塩、胡椒 少々
めんつゆ(3倍希釈) 大さじ1 ※2倍希釈なら大さじ1・1/2、ストレートなら大さじ3
みりん 大さじ1
ご飯 2合
(あれば)小ネギ 2〜3本

【作り方】
1.れんこん・人参は皮をむいていちょう切り、(あれば)小ネギは小口切りにする。

2.フライパンを熱し、中火で豚肉を炒める。8割程度火が通ったられんこん、人参を入れ、火が通るまで炒める。

3.めんつゆ・みりんを入れ、汁気が飛ぶまで炒める。

4.ご飯に混ぜ、小ネギを振る。

【きのことわかめのスープ】きのこからも旨みが出て簡単なのに深い味わいに!

【材料】(4人分)
えのきだけ 1/2袋
しめじ 1/3袋
乾燥わかめ 大さじ1
鶏ガラスープの素 大さじ1

【作り方】
1.えのきだけは石づきを落として3等分に切る。しめじは石づきを落とす。

2.鍋に(1)をほぐしながら入れ、水600mlと鶏ガラスープの素を入れて火にかける。沸騰したら中火にし、火が通るまで1〜2分加熱し、火を止めて乾燥わかめを入れる。

3品同時調理のコツは

切るものはまとめて切っておいて、フライパンは洗わず次の料理に使えるようにしていけば洗い物も最低限で済み、スープと同時調理15分で完成します。

炒めた具材やサラダ、わかめを入れる前のスープも作り置きしておけるので、当日温めて出す、ということもできますよ。

<作り方の手順>

1.さつまいも・ご飯を炊く。

2.サラダ(ベーコン)・混ぜご飯(れんこん・人参)・スープ(しめじ・えのきだけ)の材料を切る。

3.さつまいもサラダのベーコンを炒める。

4.同じフライパンで混ぜご飯の具を炒める。

5.別のコンロでスープを作る。

6.(ご飯が炊けたら)サラダを和える・ご飯を混ぜる。

完成!

【働くママへのエール】簡単でも旬を伝えられる食卓に!

毎日、毎度、旬を意識した食卓は難しいですよね。毎日仕事に育児に忙しいので市販のものに頼る日、アレンジする日、旬のものを簡単に料理する日、いろいろあっていいと思います。

これから迎える秋、炊き込みご飯もとても美味しいですが、混ぜご飯にすると旬の野菜のおいしさ、お肉から出る旨み、新米のおいしさをそれぞれすべて味わうことができます。

年中売っていても、旬の時期を迎えた野菜はおいしく、栄養価も高く、お財布にも優しい、といいことづくめです。

旬でない素材を一生懸命手間ひまかけておいしく仕上げるより、シンプルな調味料や簡単な作り方でも、旬の野菜を使えば素材そのものがおいしいので、それだけで十分おいしく仕上がります。

今回ご紹介したレシピで旬の素材の力を借りて家族で季節を感じ、お子さんにも旬を伝えながら食卓を囲んでもらえたらと思います。

(キッズ食育マスタートレーナー・子どもの食育料理研究家 増田陽子 @yokomsd)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 何というデカルチャー 塗装モデラーが超時空要塞マクロス「リンガード」を箱絵デザインでカスタムペイント

    おたくま経済新聞
  2. 群馬・栃木「わたらせ渓谷鐵道各駅イルミネーション」銀河鉄道のようなキラキラの鉄道旅でクリスマス気分

    おんせんニュース
  3. 上越市飯の「飯踏切」拡幅工事完了 上越大通りの土橋と山麓線2車線道路で結ばれる

    上越タウンジャーナル
  4. 山椒の爽やかな香りとしびれる辛さが堪らない!龍馬軒「四川麻婆麺」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

    Komachi Web
  5. 糸魚川市産の南蛮エビなど県産食材をふんだんに使用!たまり家「越後南蛮海老みそラーメン」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

    Komachi Web
  6. 上質な背脂と煮干しダシが絶妙な一杯!酒麺亭 潤 燕総本店「中華そば」をお取り寄せ「宅配にいがた麺の市」

    Komachi Web
  7. ギャルママ・日菜あこ、次女に対し反省したこと「どこか期待しすぎていた」

    Ameba News
  8. 芸人・みなみかわ、長男が頭痛と嘔吐の症状で入院「もうそろそろ1週間」

    Ameba News
  9. 【セリア】旅行のかさばる荷物も超スッキリ!便利すぎる「トラベルグッズ」8選

    ウレぴあ総研
  10. 佐々木希、クリスマスは「家族でゆっくりしたい」

    ナリナリドットコム