Yahoo! JAPAN

高畑充希主演のミュージカル『ウェイトレス』に渡辺大輔、村井國夫ら出演 オールキャスト&東京公演のスケジュールが決定

SPICE

ミュージカル『ウェイトレス』

2021年3月、日生劇場にて上演する、ミュージカル『ウェイトレス』のオールキャストが決定。そして、東京公演のスケジュールが発表された。

本作は、アメリカ映画「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」(2007年)をベースに製作された、ブロードウェイミュージカル。2016年3月にブロードウェイにて上演され大反響を呼び、その後、全米ツアー公演、ロンドン・ウェストエンド公演なども行われた。
グラミー賞ノミネート歴を持ち、楽曲を手掛けたサラ・バレリスを始め、脚本、作曲、演出、振付の主要クリエイティヴを全て女性クリエイターが担当したことがブロードウェイ史上初の出来事として注目を集め、そのキュートな世界観が女性の心をわしづかみにし、圧倒的な支持を得ている話題作だ。

そんな本作が、日本人キャストで上演する。すでに主演の高畑充希をはじめ、宮野真守、宮澤エマ、LiLiCo、浦嶋りんこの出演は発表されているが、この度、オールキャストが決定した。

高畑演じる主人公ジェナを束縛するダメ夫のアール役には、『1789-バスティーユの恋人たち-』、『ロミオ&ジュリエット』、『おかしな二人』の渡辺大輔。お笑いタレントとして活躍するおばたのお兄さんが、宮澤演じるドーンに想いを寄せる粘着質なオギー役を演じ、本作で最もコミカルなシーンを彩る。3人のウェイトレスに囲まれて働く、店長兼シェフのカル役を、数々のドラマ、映画、舞台で強面の悪役からコミカルで親しみやすい役まで幅広く表現してきた勝矢が魅力的に演じる。そして、レストランのオーナーとしてとても厳しい一方、誰よりもジェナのパイを評価し自立の後押しをするジョー役を、ミュージカル俳優として数多くの舞台に出演し、2019年は劇団桟敷童子公演『獣唄』の演技で第54回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した村井國夫が務める。

アール:渡辺大輔 コメント

この度、ブロードウェイミュージカル『ウェイトレス』に出演させて頂くことになりました。この素晴らしい作品に携われることができると思っていなかったので、とても光栄な気持ちと同時に興奮しております。『ウェイトレス』の世界を魅了する素晴らしいストーリー、そして最高の音楽の中で素敵なキャスト、素敵なスタッフの皆さんと一丸となって、皆様の心に残る作品をお届けできますよう精進して参ります。このような情勢の中ではございますが、少しでも皆様が笑顔になって頂ける作品にしたいと強く思っております。どうぞ宜しくお願い致します。

オギー:おばたのお兄さん コメント

オギー役で出演させて頂きます、お笑い芸人のおばたのお兄さんです。ついこの間、初めてのミュージカルを経験し、ニ度目にして本場ブロードウェイミュージカルの日本版に出演させて頂けるということで、今は嬉しすぎて地に足がついていません! キャスト唯一のお笑い芸人なので、皆様の肩をお借りしながら芸人ならではのアクセントをこの作品に加えられるように頑張っていきます。皆様に観て頂くまでに、地に足をつけておきます!

カル:勝矢 コメント

『ウェイトレス』は女性が主役で大人の恋愛模様を描いた話。カルという男は乱暴でがさつだが、とっても幸せの沸点が低い男だと思う。なんてことないことですぐに幸せを感じている。皆さんが見逃してしまうような身の回りにある幸せをいくつ見つけられるかが楽しみです。今作でカルは良いスパイスや良い風景になること。中でも重要なのがその街の雰囲気を醸し出すことを求められる役だと思っています。皆さんもこの街の住人としてウェイトレス達が働く雰囲気を感じて、帰りに美味しいパイでも食べて幸せを見つけて下さいな。

ジョー:村井國夫 コメント

私の役は、健気に生きる、ジェナを陰で支えるパイの店のオーナーです。口は悪く、皮肉屋ですが、ジェナのことが好きで、彼女に期待もしています。ジェナは、亭主のことで苦労をしてますが、大好きなパイ作りで頑張ってます。そのジェナを優しく見守ってます。ハートフルな心優しい作品です。音楽はポップで、聞いているとたのしくなりますよ。共演の皆さんは初めての方も多く、楽しみです。高畑さんは、とても楽しみな女優ですね。足を引っ張らない様に頑張ります。若い俳優さんは本当に才能豊かですよね。おじいさんも一生懸命ついていき、楽しい作品にしたいです。

公式プロモーション映像

なお、東京公演は2021年3月9日(火)~3月30日(火)日生劇場にて、21年4月~5月上旬に福岡・博多座、大阪・梅田芸術劇場メインホール、名古屋・御園座でも上演が予定されている。

【関連記事】

おすすめの記事