Yahoo! JAPAN

猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由

ねこちゃんホンポ

「ケケケ」「カカカ」と鳴く?!

「ケケケ」「カカカ」と特徴的に鳴き声は「クラッキング」と言われます。イエネコにしか見られない鳴き方です。

体調が悪くて声を出しているのではありませんから、鳴かせたままにしても大丈夫です。

マタタビに反応しない、抱っこされるのが好きなど、それぞれ猫にも特徴があるように、クラッキングをしない猫ももちろんいます。

特に、外での暮らしを知っている猫たちはクラッキングが有効ではないと本能的に理解しているでしょう。

1.見つけたけど捕まえられない!

窓ガラスから動いている物を見つけると猫は反応をします。ベランダや電線を魅力的に動く鳥たちは、猫にとって大変に興味深い対象です。

猫たちは、手を伸ばせば届きそうな距離にいる鳥を捕まえられなくて残念な気持ちになっているのかもしれません。

野生界では鳴きません。なぜなら、クラッキングをすると存在がバレて狩ができなくなってしまうからです。家の中にいる虫にも反応をしています。

2.何だろう?

猫にとって安全なのか危険なのか分からない物が家の中にある時に「かカカ」「ケケケ」と鳴きます。

安全を確かめながら、警戒して相手を探っていきます。慎重かつ大胆に「ケケケ」「カカカ」と呼びかけたりすることもあります。

この声を発する事で、一緒に暮らす人間へ「何か危険があるよ」と知らせる気持ちもあるようです。

3.遊びたい!

一緒に暮らす人間に対して鳴く事も多いようですが、遊びたい気持ちが強い時でしょう。

じゃらし系のおもちゃを追いかけて集中していると「かカカ」「ケケケ」と小さく聞こえる事があります。そして狩り遊びがしたいと人間に要求している場合も鳴くようです。

ただし、クラッキングに聞こえても「ニャニャニャ」と鳴いているだけかもしれません。

まとめ

猫が『カカカ』『ケケケ』と鳴く3つの理由についてお伝えいたしました。

猫と人の歴史も大変に長いです。お互いの距離感が変化してきた原因は、猫の人間への歩み寄りがあります。

猫は相手の気持ちを読んで、大胆にその懐(ふところ)へ飛び込む事ができます。「猫の生き方は人間のお手本」と言われる理由がそこにあります。

【関連記事】

おすすめの記事