Yahoo! JAPAN

『L.A.LAW/7人の弁護士』続編、アーニー・ベッカー役のコービン・バーンセンがカムバック

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

1986年から8シーズンにわたって米NBCで放送された法廷ドラマ『L.A. LAW/7人の弁護士』の続編製作が進んでいることは以前お伝えした通り。このほど、オリジナルキャストのコービン・バーンセン(『メジャーリーグ』)もカムバックすることが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

『L.A. LAW』は、ロサンゼルスのマッケンジー&ブラックマン法律事務所に勤める弁護士たちの活躍を描くシリーズ。今回出演が決定したコービンは、オリジナルでアーニー・ベッカーを演じていた。リブート版では、本家に登場し、シーズン8でパートナーに昇格したジョナサン・ローリンズ弁護士を演じたブレア・アンダーウッドが同役で出演することがすでに決まっている。マッケンジー&ブラックマン法律事務所を舞台にオリジナルキャストは出演するが、ローリンズと働く新世代の弁護士を中心に描かれると言われている。

コービンは、カムバックを受け「本作の世界でアーニー・ベッカーをまた演じたいと何年も考えていました。今こそ、ベッカーの目を通して、急速に変化する世界を探求するべきだと思います。気を引き締めて待っていてください」とコメント。

コービンが演じるベッカーは、「世界は変わってしまったのに自分は1980年代から変化していない昔のままの色男」と表現されている。そして60代になった彼は、急速に変化する性と政治の状況に苦しんでいると説明されている。

米ABCは今月初め、続編のパイロット・オーダーを出しており、ブレアをはじめとするキャストたちが戻ってくることに期待が高まっている。脚本家のマーク・グッゲンハイム(『レジェンド・オブ・トゥモロー』)とウバ・モハメド(『見えない訪問者 ~ザ・ウィスパーズ~』)がペンをとり、製作総指揮も担う。

弁護士からTV脚本家に転身したグッゲンハイムとモハメドが手掛ける新『L.A.LAW』では、老舗の法律事務所であるマッケンジー・ブラックマン法律事務所が、誰もが注目するような刺激的な事件のみを扱う訴訟事務所として生まれ変わることになる。理想主義から転じて保守的になったローリンズ(ブレア)は、ミレニアル世代のJ・J・フリーマンと衝突しながら、政治的・法的に事務所が変わるために進むべき最善の道を選んでいく。(海外ドラマNAVI)

Photo:

コービン・バーンセン©NYPW/FAMOUS

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. <冷酷よりいい>義父からの電話のせいで家族での外食は中止。イライラして旦那を無視している

    ママスタセレクト
  2. 星熊南巫(我儘ラキア)、圧倒的な世界観で迫るソロプロジェクト「DEATHNYANN」始動

    SPICE
  3. シャンプーズ、1stフルアルバムを2022年2月にリリース タワーレコード限定アルバム予約購入特典はライブ音源CD-Rに決定 『爆裂洗髪祭2022』第2弾アーティストを発表

    SPICE
  4. ORANGE RANGE、12/6(月)20時に“ORANGE RANGEからの特別なお知らせ”をYouTubeにてプレミア公開決定

    SPICE
  5. 崎村調理師専門学校 漆器に模様付け 生徒が伝統工芸を体験〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  6. フレスコボールで繋がり強化 沼間3丁目自治会〈逗子市・葉山町〉

    タウンニュース
  7. SDGs推進の旗手目指せ 松下政経塾で全4回講座〈藤沢市〉

    タウンニュース
  8. 長津田 ラーメン自販機が出現 考案は肉フェスの創始者〈横浜市緑区〉

    タウンニュース
  9. MUCC逹瑯、ソロプロジェクト始動 アルバム2枚同時リリース&ツアー開催を発表

    SPICE
  10. sleepyhead、2022年春ツアーで活動終了を発表「自分がやってきたことを大切に振り返り、これから自分がやるべきことを見つける時間が欲しい」

    SPICE