Yahoo! JAPAN

鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕

TSURINEWS

ジギングでキャッチした大ダイ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

福井県鷹巣~三国エリアの秋のジギングは、10月末ごろから釣果が上昇し始めた。今回は11月4日、福井県鷹巣漁港出船の鷹王丸での青物ジギングの様子をレポートしたい。

鷹王丸で青物ジギング

福井県鷹巣~三国エリアの秋のジギングは、ワラサやハマチ、小型のヒラマサの数釣りが楽しめるのが恒例。しかし、今期は例年と異なり、10月下旬まで不調が続いた。ところが、10月末ごろから釣果が上昇し、ワラサの他、1m、10kgクラスのブリが上がり始めた。

現地を訪れたのは11月4日、実釣は午前8時ごろスタート。船は鷹巣沖の水深110~120mにある大型青物のポイントを攻めた。秋から冬にかけ、ブリや大型マダイが入る場所とのことだ。

スタート直後からロッドが曲がり、まずは石見さん、山野さんに70cmクラスのワラサがきた。

丸々としたワラサをゲットした山野さん(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

待望のブリ登場

さらに、この後も70cm級の大ダイやハマチが顔を見せたところで、山野さんにビッグヒット。惜しくもバラシに終わったが、近くの僚船では90cm台のブリが上がっていたため、おそらくこのサイズの魚だろう。

その後も、同ポイントで大物狙いの勝負は続き、ワラサが何匹かヒットした後、待望のブリが登場。

石見さんもワラサをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ロングジグで大ダイ連発

中盤からは大型のマダイが船全体でポツポツ上がり、若杉さんはロングジグで大ダイを3連打。うち1匹はジャスト90cmの怪物で、落ちの大ダイ開幕を予感させた。

その後もブリやワラサのヒットを得て、船は沖上りを迎えた。

現地で魔王と呼ばれる90cmアップ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

パターン合えば目を見張る釣果

当日は、午後から潮の動きが悪く、魚探の反応のわりにチャンスを得られず沖上がりとなった。

しかし、2日後の釣行では良いサイズのブリの他、80cmオーバーのマダイも2匹上がり、パターンさえ合えば、目を見張る釣果が飛び出すことが確認された。

取材の翌々日にも見事なブリが上がった(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

主力はセミロング系ジグ

晩秋の鷹巣~三国沖の大型青物狙いは、120~200g程度のセミロング系ジグが主力。

この時期の大型青物は、ウルメイワシやアジ、小サバなど、大きめのベイトに着くことも多く、併せて沿岸部で狙うヒラマサに有効なジグということもあり、このような戦術が確立された。

ロング系ジグが有効(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

釣り方については、ベイトや対象魚の状況にもよるが、ある程度水深のある場所では、底層から中層までをハイピッチジャークで長い距離を引き、その過程でアクションを変化させたり、食わせの間を入れてヒットに持ち込む。

また沿岸の浅場では、キャストして斜めに広く探るのが有効だ。

ブリを狙い撃ち(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

タックルセッティング

このため、スピニングタックルが断然有利であり、ドテラ流しで上述のジグをしっかりアクションさせることができるロッドが好適となる。

この他、フックについても大きめのものをフロントに2つが基本。リアフックについては、あったほうがフッキングとキャッチの率は上がるが、激しいコンビネーションジャークでジグにアクションを入れた際、エビになる(リアフックがリーダーに絡む)問題もあって、可能なジグ演出が制約されてしまう。

青物は多少食い損ねても追い食いさせることができるので、ジグの演出の手数を減らさないためにも、当海域ではフロント2個がベストな設定だろう。

青物狙いはスピニングタックルが有利(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

秋から初冬の青物はパワフル

最後になったが、秋から初冬にかけての日本海の大型青物は、冬に備えてベイトをたらふく食べており、ワラサもブリもマッスルなボディになる。パワーや抵抗の激しさも、春に釣れるものとは比較にならないほど強く、首振りも激しい(バラシ率が上がる)。

ゆえに、タックルからライン、フックまで「これでいいや」はNG。船長のアドバイスをしっかり聞き、万全の準備をして挑んでほしい。

乗船した鷹王丸(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年11月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post鷹巣~三国沖のジギングゲーム本番到来 90cm大型マダイに良型ブリ好捕first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事