Yahoo! JAPAN

マリリン・モンロー、“UFO知りすぎて”暗殺された説

ナリナリドットコム

マリリン・モンローが、ジョン・F・ケネディ大統領からUFOの機密情報を聞いてしまったために暗殺されたという説が、新たに出版された本で改めて取り上げられているようだ。

1962年、36歳の時に遺体で発見されたマリリンは、その情報を得たことで国家安全への脅威だと見なされた可能性があると「ダイアリー・オブ・シークレッツ:UFOコンスピラシーズ・アンド・ザ・ミステリアス・デス・オブ・マリリン・モンロー」で綴られている。

著者ニック・レッドファーンは、「(マリリンの死は)政府の機密情報を知らされたことによるものです。その1つは、墜落したUFOと、軍基地に保管されている奇妙な遺体に関してでした」と話している。

第二次世界大戦の最中にモデルでデビューしたマリリンこと本名ノーマ・ジーン・ベイカーは、その後、銀幕で短いながらも映画史上に残る活躍を遂げた。代表作には「お熱いのがお好き」「紳士は金髪がお好き」などがあり、後者の中で歌った「ダイアモンドは女の親友」は特に有名だ。

ハリウッド女優として名声を得たマリリンは、同時期にジョン・F・ケネディ大統領やその弟ロバートと不倫関係にあったと言われている。

【関連記事】

おすすめの記事