Yahoo! JAPAN

『人懐っこい犬』にはこんな特徴があった♡よく見せる行動や仕草5選

わんちゃんホンポ

人懐っこい犬がよく見せる行動や仕草5選

犬にはそれぞれ個性があります。どのような性格であれば良い、悪いということはありません。今回は数ある犬の代表的な性格の中でも、人懐っこい犬によく見られる行動や仕草をいくつか紹介していきます。皆さんの愛犬はいくつ当てはまりますか。

1.怖がる様子を見せずに近づいていく

人懐っこい犬は、飼い主以外の人に対してもフレンドリーです。「仲良くなりたい」「一緒に遊びたい」という思いが強いため、怖がったり警戒したりする様子を見せず、自分から近寄っていく子のほうが多いようです。

例えば、散歩中に出会った他の犬の飼い主さんに自ら近寄って行ったり、家にやってきた業者の方に自分から近づいて行ったりすることはありませんか。

こうした様子を見せている子は、あまり物怖じせず「仲良くなりましょう」と飼い主以外にも社交的に接する人懐っこい犬である可能性が高いです。

2.積極的に嗅いだり視線を合わせて挨拶する

犬は初めて会った相手に対して、匂いを嗅ぐことで挨拶をします。「こんにちは。あなたと仲良くなりたいので、匂いを嗅がせてください」といった意味合いがあります。

人懐っこい犬は、飼い主以外の人とも仲良くなりたいという思いが強いため、積極的に匂いを嗅ぎに行ったり、目の前まで行って視線を合わせ「一緒に遊びましょう!」と誘うような仕草を見せることもあります。

基本的に警戒心の強い犬や臆病な犬は、自ら相手の匂いを嗅ぎにいくことは少なく、相手が近寄ってきたら恐る恐る匂いを嗅ぐ子が多いです。自ら近寄っていく姿が多く見られる場合は、人懐っこい性質が強い傾向にあると言えるでしょう。

3.知人の目の前まで行き「撫でて」とお腹を見せる

犬にとって柔らかいお腹は弱点です。そのため、ほとんどの犬は初対面の相手に対してお腹を見せることは少ないです。

しかし、1〜2度会った相手に対しては、人懐っこい犬であれば目の前に行き、「久しぶり!撫でてください」と甘えるようにお腹を見せることがあります。触れ合っている流れでお腹を見せる犬もいるでしょう。

飼い主以外の前でお腹を見せる行為は、相手に対して心を開きやすい性格とも言え、素直で純粋な人懐っこい犬によく見られる行動です。

4.他人が家にやってくると嬉しそうな様子を見せる

犬にとって自分の家は、自分と家族が暮らしているテリトリーです。そのため、家に誰かが近づくと吠えたり唸ったり、ジッと監視するように見つめたりして警戒する犬が多いようです。

しかし、人懐っこい犬は、他人が家にやってきても警戒心を見せるどころか「いらっしゃい!」「遊んでくれるの!?」と嬉しそうに尻尾を振って近寄ったり、ぴょんぴょんと飛び跳ねるような仕草を見せたりします。

そのため、警戒心が強く仲間意識の強い犬ではありますが、番犬としては不向きかもしれません。

5.触られても嫌がらずスリスリとすり寄っていく

人懐っこい犬やフレンドリーな犬は、比較的温厚な性格の子が多い傾向にあります。そのため、触られても嫌がる素振りを見せず、そのままリラックスした状態で触らせてくれたりします。

中には飼い主以外の人に触られても嫌がるどころか、自分から「もっと」というように頭や体をスリスリと擦り付けるように寄っていく犬もいます。

しかし、触られていても「飼い主さんの前だし我慢」と本当は嫌なのに我慢しているケースもあるので、愛犬の体が強張っていないか、ブルブルっと左右に大きく震えるような行動を見せていないか注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。人懐っこい犬は、基本的に飼い主以外の人との交流も楽しめる子が多いです。そのため、自分から近寄ったりスキンシップを求めたりする姿が見られます。ぜひ今回紹介した特徴の一例を愛犬の性格を判断する参考の一部としてみてください。

【関連記事】

おすすめの記事