Yahoo! JAPAN

犬が喜ぶ『声のかけ方』4選!どうやって話かけるのがベストなの?

わんちゃんホンポ

1.明るく穏やかなトーンで♪

犬は人間の言葉の意味を正確に理解できませんが、優れた聴覚によって声のトーンによってそこに込められた感情などを読み取ることができると考えられています。

声の高さやスピード、大きさをはじめ、ちょっとした間の取り方や含まれているため息などから、どういう気持ちで声をかけてきているかと察知するのです。

そのため、イライラしている時などにその気持ちを押さえて冷静に声かけをしているつもりでも、犬には飼い主さんのイライラが伝わってしまい様子を伺うような素振りを見せるということもめずらしくありません。

このように、犬にとって声のトーンや話し方はとても大切なものです。

犬が好きなのは、明るく穏やかなトーンでややゆっくりとした話し方だとされています。

大声で騒ぎ立てたり、子どもが「キャー!」と金切り声を上げていたりすると、不快感や緊張感が生まれてしまい、相手に近づきたいとは思わなくなってしまいます。

2.驚かせるような大声はNG

犬に声をかける時に注意したいのが、驚かせないようにすることです。

犬は1日の大半を寝て過ごしています。熟睡はせず長時間浅く眠っている状態なので、犬がウトウトと休んでいる時などに大声で話しかけたり、突然近づいて声をかけるととてもびっくりしてしまいます。

そうしたことが続くと、犬はその場所をゆっくり休むことができない場所だと感じて常に警戒心を持ち続けることになってしまいます。

自宅や自分のハウスなどで心を休めることができないのはかわいそうなので、寝ている時などに声をかける時は特に注意してあげてください。

3.犬と同じ目線の高さで話す

当然のことながら、犬と人間の体の大きさは全く違うため、人間が立った状態で犬に声をかけると犬の頭の上からということになります。

通常の声の大きさであればそれでも十分に聞き取れると思いますが、意識していない時に声をかけられると気がつかない場合もあります。

指示を出す時などに犬に声をかける場合は、一度名前を呼んでアイコンタクトを取るようにしてからがおすすめです。

また、「かわいいね」「いいこだね」など語りかける時は、できるだけしゃがんで犬と目線を合わせてあげると気持ちが伝わりやすいと思います。

顔が近づくことで犬も自分への語りかけだと十分に意識できるでしょう。

4.体に優しく触れながら

犬は大好きな人から声をかけられると喜びますが、優しくスキンシップを取りながら話しかけてもらえるとより一層うれしいと感じるものです。

叱っている時や指示を出している時などに体に触れるのは逆効果となってしまいますが、犬も飼い主さんもリラックスしている時間や遊んでいる時などに声をかけるのであれば、ぜひ首元や背中などを優しくなでながら話しかけてあげてくださいね。

まとめ

犬は人間の言葉の意味がわからない分、発せられた声のトーンやペースなどからそこに込められている感情を読み取ることに長けています。

そのため、犬が安心感を感じる声のトーンは明るく穏やかなトーンだとされています。さらに、ゆっくりと話しかけながらアイコンタクトやスキンシップを取るとより一層うれしさを感じるでしょう。

また、盛り上がって遊ぶ時にはさらに声を高くしてスピードを速めるなど、シーンに合わせた声のかけ方をするとより犬にとって心地良いものになると思います。

愛犬が最も喜ぶ声のトーンを、反応を見ながら色々と試してぜひ探し当ててくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事