Yahoo! JAPAN

東野幸治、大炎上“さざ波”“マスゴミ”発言の真意説明

ナリナリドットコム

タレントの東野幸治(53歳)が、5月14日に放送されたラジオ番組「東野幸治のホンモノラジオ」(ABCラジオ)に出演。Twitterで大炎上した“さざ波”“マスゴミ”発言について、その真意を語った。

先日、内閣官房参与・高橋洋一氏が、新型コロナについてツイートをする中で、日本は“この程度のさざ波”と表現したことが大きな騒動を招いたが、ニュース番組「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(朝日放送)で共演し、高橋氏と親しい東野はTwitterで「次はさざ波問題か。コレ以前から言ってた事なのになぁ。さざ波なのにひっ迫してるのが問題ですって。T先生が叩かれていて、ZやNHKやマスゴミの人達は喜んでるだろうなぁ」とツイート。これが「東野がマスゴミって言ってる!」「東野、こういう発言するのか」「NHKで仕事してるくせにすごいな(笑)」「なぜ政治的な発言を…」などの声が続々と上がり、大炎上状態となった。

今回の「ホンモノラジオ」には、その渦中の高橋氏をゲストに招き、東野と2人で、それぞれのツイートの真意を説明。

その中で東野は、高橋氏の発言が日刊スポーツの紙面に掲載されているのを見て「火曜日の朝、日刊スポーツにも載るの!? ってなって。僕、50歳までは血も涙もない人間ですから、共演者がどうなっても知らん知らんと思ってたけど、やっぱ50過ぎると、なんでしょうかね、人を心配する気持ち、ポケモンの映画のCMに出れるくらいの人間になってきたから。大丈夫かな、確かにオレの番組で、木村もりよ先生が“さざ波”て言うてたし、高橋先生の(ツイートの)『これで五輪中止かというと笑笑』っていうのは、そういう風にはとってもらわれへんなと思って、これはちょっとフォローじゃないけど、なんかしたほうがええなと思って」自身もTwitterで発言することにしたという。

そして「次はさざ波問題か。コレ以前から言ってた事なのになぁ。さざ波なのにひっ迫してるのが問題ですって」との文面を用意したあと、「あれ待てよ、これだけじゃあんまり面白くない、ウィットに富んでないなと思って、そのあと、ちょっと気の利いたこと言って、高橋先生とかもりよ先生が見たらクスッと笑うことを書きたいなと思って、『T先生が叩かれていて、(高橋先生がよく使うワード)Zや(ケンカ大嫌いだと思う)NHKや(高橋先生がよく使うワード)マスゴミの人達は喜んでるだろうなぁ』ってつぶやいたんです」と、投稿時の思考を説明。投稿後は、スマホを置いて「いまニンテンドースイッチの『シュタインズゲート』が佳境入ってたから、それをひたすらやってたんです。『うわああああっ』てなって、『タイムリープ、トゥットゥルー!』って言いながらずっとやっていて、京都くらいで、あと10分くらいで(新大阪に)着くなと思って、(スイッチを)しまって、スマホ見たら、僕の前のチーフマネージャーから『余計なことですけど』ってメールがあって」と、そこで初めてTwitterで“なにか”が起きていることに気付いたそうだ。

元チーフマネージャーのメールには「余計なことなんですけど、東野さん、Twitterが誰かに、何者かに乗っ取られております。なぜか政治的な発言が載ってます」と書かれていたといい、「オレが『いやいやいや、あの、オレオレ、オレがつぶやいてん』ってどんなやろと思ったら、(Twitter)あけたら大炎上。スマホがチンチンになってました。真っ赤っか、アツアツアツッ!っていうて。ようよう見て聞いたら、『結局、東野幸治は“ネトウヨ”だ』ってなって。ほんで、新大阪下りて、タクシーでカンテレに行ったんですよ。先生のフォローしようと思ったら、オレ“ネトウヨ”になってるんですよ」と、一連の出来事を語った。

東野本人としてみればまさかの“ネトウヨ”認定に、高橋氏は「お気の毒さま(笑)」とコメント。

東野は「これを『正義のミカタ』見てる人とか、関西の人やったら高橋さんのキャラクターとか、『正義のミカタ』でやってる財務省の問題の話とかやってるから、あのこと言うてんねんって分かるけど、関西以外の、例えば中国地方、四国、九州、北海道、東北、北陸、東京の方からすると、『急に東野幸治がこいつ何言ったんだ』みたいになって。そのときに、これ違うんだ、まず削除しようと思ったけど、削除するのも遅いし、逃げてるみたいやし、『違うねん、ちゃうねんちゃうねん』ってTwitterでこれはあーだこーだって言うても面倒くさいから、もう『ホンモノラジオ』まで黙っておこうと思って」この日を迎えたそうだ。

また、東野はなぜ“Z”や“NHK”“マスゴミ”という用語を使ったかについても言及。「もともと高橋洋一先生っていうのは東京大学の数学科、だから理系の人で、めちゃくちゃ天才で。そのあとまた経済学部かなんかに入り直すんですか? ほんで大蔵省に行って、大蔵省に行って財務省になるんですけど、僕が知る限りでは郵政民営化やったりとか、ふるさと納税のたたきやったりとか、官僚の天下りの規制の法律作って全官僚から嫌われ、けちょんけちょんに言われ」と、それ以外にも“国の借金”に対する考え方の相違などから高橋氏と財務省とは対立構造があり、「だから財務省の中の人は今回の高橋さんのツイートが死ぬほど嬉しいやろな思って。死ぬほど嬉しいと思って、オレは嫌味のようにまずZで入ったんですよ」と語る。

次の“NHK”については「このNHKというのは、1年半くらい前かな、NHKが受信料上げたりとか、払えへんときに強制的に徴収するとかいうときに、高橋洋一先生が、NHKはチャンネルをたくさん持ってると。だからEテレを売却しろと。電波を通信事業に売れ、と。教育番組とか子供番組は配信でするとNHKのチャンネルもちょっと減って、企業もスリム化すると言ったらNHKがめちゃくちゃ怒って。めちゃくちゃ怒って。だから今回のことでNHKもニュースにしてるんですよ」という、こちらも高橋氏とNHKの対立を踏まえた上で、「だから僕ね、“NHK”ってウケるやろうなと思って」とツイートしたという。ただ、「だけどようよう考えたら、オレね、NHKでねレギュラーやってるんですよ(笑)。終わりや思って。これはオレのことじゃないです。高橋洋一先生がNHK職員全員に嫌われてるってことを書いたんですよ」と釈明した。

さらに最後の“マスゴミ”については「マスゴミっていうのは、これも高橋洋一先生がよくマスコミのことマスゴミゴミゴミゴミゴミ言う」と、こちらも高橋氏の発言を踏まえてのツイートだと語った。

【関連記事】

おすすめの記事