Yahoo! JAPAN

空家対策 局所的な老朽化も認定へ 横浜市が基準を改定〈横浜市都筑区〉

タウンニュース

横浜市建築局は9日、「特定空家等の認定基準」の改定案を公表し、市民からの意見募集を開始した。局所的な老朽化でも空家の基準に認定を広げることで、所有者の自主改善の促進を図るのが狙い。

今回の改定案では、空家の状態を「外壁や屋根の部材の一部剥離や、バルコニーの支柱の腐朽等の局所的な老朽化により、当該部分が脱落等しかかっているもの」で、悪影響を与える範囲に▽人が通行する道路、通路▽人が立ち入る公園、広場等▽建築物、その庭又は駐車場等▽線路敷地、自動車のみの交通の用に供する道路等▽その他これらに類する地域住民等の生命又は身体に係るもの--としている。

横浜市では2016年に空家対策計画を策定し、周辺に著しい悪影響を及ぼすものを「特定空家等」と定義した。これまでに2度、基準を見直した経緯がある。

意見の募集は4月22日(木)まで。電子メール(【メール】kc-anzen@city.yokohama.jp)やファクシミリ(【FAX】045・681・2434)などで受け付ける。

【関連記事】

おすすめの記事