Yahoo! JAPAN

吉元さん(東野中) 暗算で神奈川県教育長賞 小学生時に暗算7段取得〈横浜市旭区〉

タウンニュース

トロフィーと賞状を手にする吉元さん

中尾の横浜金子珠算研究塾(金子優代表)に通う吉元煌一郎さん(瀬谷区在住/中学1年)がこのほど、2021年度の暗算検定の部で神奈川県教育長賞を受賞した。

主催は(公社)全国珠算教育連盟神奈川県支部と(公社)神奈川県珠算連合会。県教育長賞は同連盟に加入している県内の珠算塾が任意で推薦した児童・生徒206人の中から3人の上位成績優秀者に贈られる賞だ。吉元さんは小学6年生のときに暗算7段を取得し、同賞に選ばれた。また、今年5月には珠算4段を取得した。

幼稚園から同塾に通い、7年目になるという吉元さん。週に3回通い、反復練習などを繰り返しながら暗算・珠算に取り組んできた。今回の受賞について、「やったー!という気持ち。すごく嬉しかったです」とにっこり。

金子代表は「小学生時で暗算7段に合格したことは非常に優秀」と評する。また、「教えたことを素直に実践する生徒。これまでの努力が形となり、素晴らしい」と激励した。

「目標は10段」

珠算・暗算の魅力について「計算が合っていたときや、大会で結果を残したときに達成感を感じること」と吉元さん。現在は9月に開催予定の大会に向けて取り組んでいるという。「大会で結果を残しながら、暗算も珠算も10段を目指して頑張りたい」と意気込んだ。

【関連記事】

おすすめの記事