Yahoo! JAPAN

横浜流星が実際に3品調理!『着飾る恋には理由があって』第9話現場レポート

TBS

真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)の気持ちが完全にすれ違ってしまった第9話。事の発端は真柴のInstagramが炎上したことで、騒動の最初のころに駿は真柴を励まそうとシェアハウスメンバーとサプライズパーティを計画。

そのパーティで駿は料理をふるまい、劇中では真柴たちが料理をおいしそうに食べていた。撮影前に料理が次々と並べられ、「おいしそう」「食べたい」の声が上がり、食べるシーンではカットがかかっても食べ続けてしまう人も。そのシーンの料理はプロが作ったものだったが、駿が料理をするシーンでは、実際に横浜が3品を調理していた。

緊張した面持ちの横浜は、まずはチピロンプランチャ(子イカの鉄板焼き)に取り掛かることに。フライパンでニンニクを炒めてからイカを入れて味付け、盛り付けまでを手早くこなし、カットがかかると「できた!」とほっとした表情を浮かべた。マッシュルームのアヒージョに取り掛かる前には、緊張がほぐれてきたのか手順をたずねてきたスタッフに「オリーブオイルをたくさん入れて、ニンニクをボーンと(笑)」と説明する場面もあった。

マッシュルームのアヒージョの調理を終えてトルティージャ(スペイン風オムレツ)に取り掛かることになると、「最後に一番難しいのが残っちゃった…」と言いながらも先生と入念に調理工程を確認して調理スタート!玉ねぎをスライスする場面では華麗な包丁さばきを披露しつつも、その後玉ねぎを炒める場面で「目に沁みる(笑)」と涙を見せる一幕も。途中、プロのテクニックが必要なところで先生の手を借りつつも「そうやってやるんですね」と熱心に勉強していた。トルティージャの調理を終えると「こんなに難しいとは思わなかった…」とつぶやいていた横浜だったが、間違いなく料理の腕は上がっているようだった。

劇中のパーティで今まで以上に和気あいあいとしていたルームシェアメンバーだったが、その後の展開でそれぞれが転機を迎えつつあった第9話。最終話では真柴と駿、祥吾(向井理)の三角関係、陽人(丸山隆平)と羽瀬(中村アン)、香子(夏川結衣)と礼史(生瀬勝久)の関係はどんな結末を迎えるのか…。

最終話は6月22日火曜よる10時から。最後までお見逃しなく!

■関連記事
向井理がシェアハウスでメロメロに!?『着飾る恋には理由があって』第6話現場レポート
横浜流星と丸山隆平がアドリブ合戦!『着飾る恋には理由があって』第2話現場レポート
横浜流星のお姫様抱っこを川口春奈がアシスト!?『着飾る恋には理由があって』第1話現場レポート

■番組概要
〔タイトル〕
火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』
〔放送日時〕
6月22日火曜よる10時~10時57分

【関連記事】

おすすめの記事