Yahoo! JAPAN

犬が飼い主をからかっている時にする仕草や行動3選

わんちゃんホンポ

1.おもちゃをくわえて逃げる

犬との遊び方と言えば「持ってこい」の遊びを想像しますよね。飼い主さんが投げたおもちゃやボールを追いかけ、持ってくることが好きなわんちゃんは多いです。

しかし、おもちゃの遊び方の好みは犬それぞれ違います。おもちゃを追いかけることよりも「おもちゃをくわえて走る自分をおいかけてもらうと楽しい」という子もいます。中には飼い主さんの前におもちゃを落とし、飼い主さんが拾おうとするとわざとくわえ直して逃げていくという子も!

「良いでしょ~!」なんて声が聞こえてきそうですが、全力疾走のわんこに追いつくのはチョット大変ですよね…!

2.鼻ツンしてくる

ヒヤッと感がたまらない「鼻ツン」

私の先代の愛犬は、私の興味を引きたい時に私の腕や足に鼻を当ててくるクセがありました。私は彼女のそのクセを「鼻スタンプ」と呼んでいましたが、このように犬が飼い主さんを鼻でツンと突いてくることがあります。我が家の愛犬の場合は「ツン」どころではなく、鼻が曲がってしまうくらい圧強めのスタンプでしたけれど。

何か要求があって鼻ツンしているのかも

この「鼻ツン」はすべての犬が行うわけではないのですが、おそらく以前鼻ツンをした時に飼い主さんがかまってくれたり、おやつをくれたなどの"良いこと"があったため学習していることが多いでしょう。「こっち向いて」「それちょうだい」「かまって」などの要求がある時にすることが多くあります。

鼻ツンすると振り向く飼い主さんが楽しくなっちゃった?

飼い主さんがふたたび何かに集中してしまった後に何度も鼻ツンしてくることもあり、飼い主さんとしては「いったい何なのー!?」と思いますよね。鼻ツンは飼い主さんをからかっているわけではなく、飼い主さんに自分の要求を伝えたくて何度も行ってしまうことが考えられます。

しかし、鼻ツンすることで飼い主さんが自分に注目するのが楽しくなってしまい、遊びのような気持ちで行うこともあるかもしれませんね。

3.食べる手を制圧してくる

た…食べられないのですが…

飼い主さんがごはんを食べるお箸の方の腕に、愛犬が自分の手やあごを乗せてくることがあります。お箸を使っていなくても、食べ物を口に運ぼうとする手を同じように制圧してくることも。何度も食べる手を制圧してくる愛犬の真剣なまなざしにタジタジです。

健気な「食べたい」という要求か?

これは分かりやすく「自分も食べたい」という意思表示でしょう。「運び先違いますよ…私のお口はこちらです…」と言いたげに、自らの手やあごで飼い主さんの食事の手を制する様子には必死さを感じます。なりふり構わず食いついてしまうと怒られる、けれど自分も食べたい…そんな健気さを感じます。

何度も食べる手を止められて飼い主さんとしては困惑してしまいますが、これも飼い主さんをからかっているわけではなく「懇願」なのでしょう。根負けして愛犬に食べさせてしまうとクセになってしまいますのでご注意くださいね。

まとめ

飼い主さんの目の前に落としたおもちゃをすんでのところでくわえ直し走り去ったり、何度も鼻ツンをしてきたり、ごはんを食べる手を制圧してきたり…「もー、何なの~?!」と言いたくなる愛犬の行動がありますよね。

犬には誰かをイジワルな気持ちであざ笑うような感情はないと考えられます。たとえおもちゃを見せびらかしてきたとしても「遊ぼうよ!」という気持ちであり、だるまさんが転んだ状態の鼻ツンも食べる手の制圧も「要求」を伝えようとしている行動であると考えられます。犬たちはあらゆる手段で飼い主さんに気持ちを伝えてくるのですね。

【関連記事】

おすすめの記事