Yahoo! JAPAN

飛距離もスコアもUPする“いいテークバック”をつくる下半身の動きとは!?【中村俊介の脱・手打ちで「軸がブレないスウィング」をつくる/ゴルフ】

ラブすぽ

飛距離もスコアもUPする“いいテークバック”をつくる下半身の動きとは!?【中村俊介の脱・手打ちで「軸がブレないスウィング」をつくる/ゴルフ】

“いいテークバック”をつくる下半身の動きとは!?

テークバックをつくるうえで必要な下半身の動きは、次の2つです。
①骨盤の回旋
②右股関節の内旋

 

骨盤の回旋(①)は、股関節を屈曲させて骨盤が前傾した状態で行います。テークバックで股関節の屈曲がほどけると、上体が起き上がる動きになってしまいます。

 

骨盤を回旋しながら、右股関節を内旋(②)します。この内旋がストッパーの役割を果たし、骨盤が回りすぎず、45度回ったあたりで止まります。

捻転差とは、骨盤のラインに対して肩のラインがどれだけねじれているか。

この差が多ければ多いほどボールは飛びます。右ヒザが外を向いて伸び切るほど骨盤が回りすぎるようでは、それ以上に上半身を回すことができなくなります。

骨盤が回り、上体も同じだけ回るのでは捻転差はゼロ。骨盤の動きを45度に制限し、上半身を回すことで捻転差ができるのです。

 

そして、骨盤には側屈の動きも加わります。前傾をキープした状態のまま、右股関節を軸に回していくのですが、このとき左の骨盤を下げながら回旋すると、右足だけでなく左足にもしっかり体重が乗るようになります。

また、左サイドを下げることで重心が浮かず、前傾姿勢もキープできます。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.10』

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 日本女子プロゴルファー「かわいい&美女」ランキング

    ランキングー!
  2. 山田杏奈「ノーバンしたかった」人生初の始球式

    ナリナリドットコム
  3. 【蕎麦好き必見】まるで十割蕎麦のテーマパーク!名物蕎麦は超旨かった!~十割そば 利府庵/イオンモール新利府北館 1F~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  4. 「お茶の水女子大」出身と聞いて驚く有名人TOP10

    ランキングー!
  5. <パートで個人情報>職場でプライベートなことを言いたくないときの、良い返し方とは?

    ママスタセレクト
  6. 『鼻水じゃないにゃ♪』鼻に猫砂をつけてのカメラ目線猫さんに「面白過ぎ」とTwitter民も大爆笑!

    ねこちゃんホンポ
  7. 中川政七商店と金鳥がコラボ!日本の夏の暮らしの道具が数量限定で登場

    PrettyOnline
  8. ヘルパーさんの助けがなければボクは生活ができない、生きてもいけない〜8年間でいろいろなヘルパーさんと出会い、お世話になった〜

    「みんなの介護」ニュース
  9. 「この子が好きかも!」男性があなたを“恋愛対象”として意識する「ちょっとしたコツ」

    ウレぴあ総研
  10. 黒髪ロングヘアが似合う美人女優ランキング

    ランキングー!