Yahoo! JAPAN

藤原紀香×高島礼子×浅野ゆう子「女優には、良き先輩が常にいる」

フジテレビュー!!

『大奥』シリーズに出演という共通点を持つ俳優3人が、語り合いました。

1月21日(日)の『ボクらの時代』(フジテレビ)は、藤原紀香さん、高島礼子さん、浅野ゆう子さんが登場しました。

浅野ゆう子「『俳優、浅野ゆう子』という名刺を作りたい」

藤原さんと浅野さんは、兵庫県出身。藤原さんは「浅野さんに憧れて、女優さんになりたい」と思ったと打ち明けました。

浅野ゆう子

藤原:(浅野さんに)テレビの世界へは、何かきっかけがあったんですか?

浅野:「役者をやっていきたい」って、思ったことですか?

藤原:はい。

浅野:当時は、今でいうグラビアアイドル的なお仕事とか、あとちょっとモデルさんみたいな、そういうこともさせていただいていて。ある日、インタビューを受けたときに「あなたの本職はなんですか?モデルですか、タレントですか、歌手ですか?」って聞かれて。芸能人って、名刺を作らない、持っていないじゃないですか。私は「俳優、浅野ゆう子」という名刺を作りたいって思ったんですよ。

藤原:ええ。

浅野:そこから事務所にお話をして、「お芝居1本でやっていきたいです」ということを決めたのが、25歳くらいですかね。

高島:25歳。

左から)高島礼子、藤原紀香、浅野ゆう子

続けて、浅野さんは自身の身長についても触れ…。

浅野:あの、礼子さんもお背が高い。

高島:そうですね。

浅野:紀香さんも本当にお背が高くて、スタイルとてもよろしくて。私もやっぱり大きい。でも、こんなことをテレビで言っていいのかわからないですけども、昔は大先輩の女優さん方とお仕事をさせていただいたとき、大きい女優は、嫌がられる。

高島:あ…。

藤原:やっぱり、そうですよね。

浅野:なぜか。やっぱり、並んだときに大きいほうに目が行くから。だから「大きい女優は、主役しかできません」って言われたんです。

藤原:なるほど。

高島:すごい。

浅野さんは「じゃあ、頑張って主役にならなきゃね」と思ったと語りました。

藤原紀香「ああ、こういうのが女優脚なんだ」

高島さんは、浅野さんに「目指したい先輩はいましたか?」と尋ねました。

藤原:先輩といえば、(浅野さんは)野際陽子さん…。

浅野:はい、そうです。野際さんは、それこそ『抱きしめたい!』(1988年/フジテレビ)で、私の母の役をずっと演じてくださっていて。女性として、人としてすてきな方でしたね。ずっとお勉強を、最後の最後まで続けていて。病院でも「テレビ見なきゃいけないの」って、お勉強なさってる姿とか、本当にすてきでしたね。最後まで本当に「現場に帰らなきゃ」という気持ちで、お仕事大好きな方でした。

高島:そんなに、公私ともに仲良くされていたんですか?

浅野:そうなんですよ。実は、言ってはこなかったんですけど、最後まで病院にご一緒させていただきました。

高島:でもやっぱり、女優は、良き先輩が常にいますよね。

浅野:そうですね。

藤原:私、印象的だったのは、モデルからお芝居を始めたときに、藤田弓子さんとご一緒したことがあって、お母さん役をやってくださっていて。私の脚を「まだまだ、きれいな脚ね」って。「ありがとうございます」「でも、女優脚って傷だらけで、ここ(膝のあたり)も黒くなっちゃって、だんだん年を重ねて女優脚になっていくからね。そしたら、お芝居も楽しくなってくるわよ」とおっしゃって。

藤原紀香

高島:女優脚?ああ、黒くなっちゃって。

藤原:モデルは、すごくきれいにしてなきゃいけないし、きれい。だけど俳優というのは、もう這いつくばって芝居をして、本当にね、ここ(膝)、すぐ真っ黒になっちゃうじゃないですか。

高島:なるなる。正座なんかしちゃった日にはもう。

藤原:なりますよね。だから「ああ、こういうのが女優脚なんだな」って。何十年と経って、わかるようになってきて。

高島:確かに、お芝居が、40、50歳でやっと面白いと思えるようになるって、このことかって。20代のときに「50過ぎてから」って言われても、なんかピンとこなかったんですけど、それがやっとわかるようになりましたね。

大きくうなずいた浅野さんは「私が心から尊敬する野際陽子さんが『女は50からよ』っておっしゃってました」と明かすと、藤原さん、高島さんは「うれしい」とその言葉をかみしめました。

高島礼子「『大奥』にアダルトバージョンがあるといい」

高島礼子

その流れで、3人は、かっこよく年齢を重ねる海外の俳優についても言及しました。

藤原:でも、ハリウッドの映画とか観てると、くしゃくしゃに…。

浅野:そうそう。すてきね。

藤原:女優さんたちが笑って、いい年のとり方している年配の女優さんだったり、おばあちゃん役の方だったり、いるじゃないですか。素敵ですよね。かっこいいと思って。これができるように頑張ろうって思います。

高島:外国って、年齢高い方へのリスペクト、すごいですよね。

藤原:そこなんですよね。年齢重ねても、すごくセクシーであったり、アクティブであったり。(日本でも)そういうドラマとかも増えていったらいいですよね。

浅野:作品がね。そうなんですよ。

高島:この世代にエールを送る作品ですね。あるといいな。

藤原:この3人で、現代劇でもがっつり…。

高島:『大奥』の、アダルトバージョンってあるといいですよね。

藤原:アダルトバージョンって、どんな感じ?

浅野:(苦笑)。

高島:若い戦いじゃなくて、いろんな経験を積んできた人たちの『大奥』。いいと思うんですよね。

高島さんの提案に、3人は大盛り上がり。「いがみ合う役とか…」「結局はね、仲良しの話は見てもらえない」「個性強めの役やりたい」などと妄想が広がり、笑い合いました。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 渋めのハワイアンシャツ着てるレディはどう? 「SUN SURF」のハワイアンシャツ

    Dig-it[ディグ・イット]
  2. 自由ケ丘高校の生徒が地元企業と探究学習をスタート 混合チームで課題解決?【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  3. 知ってそうで知らない【アジ・サバ・イワシの見分け方】意外な体の構造の違いとは?

    TSURINEWS
  4. 1日2組しか入れない割烹旅館「常磐館」 100年経ても色あせない美しさにうっとり

    Jタウンネット
  5. 犬が嗅ぐのに夢中になる『人間の部位』5つ クサイから?場所別でわかる愛犬の気持ちとは?

    わんちゃんホンポ
  6. 【見た目も◎】奇跡のようなくちどけ!ココス「純氷ふわふわかき氷」が最高すぎる…!

    ウレぴあ総研
  7. スライダーと6種類の波で夏を満喫! 尼崎スポーツの森『ウォーターパーク アマラーゴ』が7月6日にシーズンオープン 尼崎市

    Kiss PRESS
  8. 猫と人間の『五感』はこんなに違った!3つの感覚別に見る「猫の世界のとらえ方」

    ねこちゃんホンポ
  9. 「ハイエンドリールの価格が爆上がり」 釣り具への物価高騰の影響はどれほど?

    TSURINEWS
  10. 「梅雨グレ(メジナ)」狙いの磯フカセ釣り入門【魚種ごとのエサ取り回避術とは?】

    TSURINEWS