Yahoo! JAPAN

障害者割引きアプリでも 江の島観光施設で〈藤沢市〉

タウンニュース

本人確認書類となるアプリの画面

藤沢市は障害者手帳の提示で受けられる江の島の観光サービスを、スマートフォンのアプリで代用できる仕組みを1日から取り入れた。

アプリは(株)ミライロ(本社大阪)が提供している「ミライロID」。障害者手帳の情報を登録すると本人確認書類として機能させることができる。手帳を衆目の前で取り出す抵抗感や、忘れてサービスを受けられないといった事態などの解消を目的に開発されたという。

江の島で受けられるサービスは料金の割引き。対象施設は、サムエル・コッキング苑、シーキャンドル、岩屋、エスカー、遊覧船、水族館。

「障害の有無を含め、すべての人が楽しめる『インクルーシブな観光地』を目指したい」と市担当者は話す。

障害者手帳は、この観光割引きのほかにも医療や福祉サービスを受けるためにも必要なことがある。今後、この分野への導入による利便向上も期待されている。

【関連記事】

おすすめの記事