Yahoo! JAPAN

内山信二の妻、不妊治療で自己注射をしていた日々「我慢我慢と言い聞かせてた」

Ameba

タレントの内山信二の妻・内山琴さんが11日に自身のアメブロを更新。不妊治療で自己注射をしていた日々を回想した。

琴さんは、9月22日のブログで「私事ではありますがこの度新たな命を授かる事ができました」と第1子の妊娠を報告。9月30日には「私達の妊娠は 自然では出来にくく 不妊治療に通い体外受精で授かる事が出来た」と不妊治療をしていたことを告白し「今思うと自己注射をして採卵をして…って妊娠するまで長い道のりだったなぁ」と振り返っていた。

この日は「採卵するまでに 毎日薬飲んで 自己注射をする日々」と不妊治療中を振り返り、注射について「針は細いけど、、!めちゃくちゃ痛くて痛くて」と告白。「キンキンに冷えたビール缶あてて 麻痺させて注射してました笑」と缶ビールを下腹部に当てた自身の姿を公開した。

さらに「当時何度もやってたから 下っ腹アザだらけ」と明かし「我慢我慢と言い聞かせてたけど 注射の日は憂鬱だったなぁ」と本音を吐露。自己注射をしている最中の写真も公開し「細い方からすると 贅肉ある方が少しはマシなのかな笑」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事