Yahoo! JAPAN

ほんこんが“政治のバケモン”になったのは相方・板尾創路が原因? 「130Rとしてコントがやりたい」願いは届かず

Techinsight

コンビで久しぶりに共演したほんこんと板尾創路

お笑いタレントの東野幸治が、お笑いコンビ・130Rのほんこんが政治評論家みたいになってしまった原因をラジオ番組で推察した。この話をしようと思ったのは、5月5日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)“伝説ダウンタウンファミリー大集結SP”でほんこんの相方である板尾創路の発言がきっかけだった。

5月6日深夜放送の『東野幸治のホンモノラジオ』(ABCラジオ)で、10~15年前にルミネtheよしもとで観た130Rの舞台の話をした東野幸治。ほんこんと板尾創路はセンターマイクで漫才をしており、「珍しいなぁ」と思ったそうだ。回答を言う→ボケる→「なんでやねん!」とツッコむスタイルで、非常に分かりやすいネタだった。

板尾が「第1問です…」と問題を出しながらボケると、ほんこんが「なんでやねん!」とツッコみ、客席の反応を見ながら30秒ほど喋っていたそうだ。ほんこんがお客さんにもっと笑ってもらおうと一生懸命、話を引っ張っているのが分かったという。その様子を黙って見ていた板尾は「次の問題です」と何事もなかったように次のネタに入り、ほんこんは相方のボケを拾って「違うがな!」とツッコみ、客席を沸かせさらに畳み掛けて爆笑をさらっていた。3問目は板尾のボケが弱かったため、ほんこんは客席を巻き込んで奮闘すると「うわーっ」と大歓声があがったという。その勢いで「せやろ? 板尾!」とほんこんが声をかけたが、板尾からは「終わった?」のひと言だけだった。

その板尾は『ダウンタウンDX』内で、「たまたま大阪でテレビをつけたら、ほんこんさんが北朝鮮のこととか喋っていた」、「芸人が北朝鮮のこと、喋ったらアカンやん」と指摘していた。この発言に『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送テレビ)でMCを務め、ほんこんと共演している東野は「板尾さん! ほんこんさんが一番したい仕事、何か知ってますか?」と一瞬言おうかと思ったが、グッと堪えたという。「130Rとして舞台に立って、コントがしたいんですよ!」とほんこんの気持ちを代弁したかったのだ。

一緒にお酒を飲んだ時、酔ったほんこんから「板尾とコントしたいなぁ」と東野は聞いていた。だが現在の板尾は俳優業に力を入れているため、お笑いの仕事はほとんどしていない。この状況にほんこんも舞台やテレビのバラエティ番組だけでなく、『正義のミカタ』でコメンテーターとしても頑張ろうと思うようになったらしい。

真面目なほんこんは同番組で毎週毎週、専門家の意見を吸収しながら勉強したため、東野曰く「どんどん、どんどん、政治のバケモンみたいなっていった」と説明する。なので『ダウンタウンDX』で「お笑い芸人が、政治に深く踏み込むのは…」と懸念を示していた板尾に、「もとはと言えば板尾さん、あなたがほんこんさんとコンビ組んで、ずっとやってたコントをもう全然やってくれないからですよ!」と、何とかほんこんの本音を相方に伝えたいとラジオで熱弁する東野幸治であった。

画像2枚目は『【ダウンタウンDX公式】トスポ 2022年5月5日付Twitter「ご視聴、ありがとうございました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事