Yahoo! JAPAN

「山本太郎」の好釣果へのターニングポイント:チヌの乗っ込み攻略法#1

TSURINEWS

乗っ込み期の大型チヌ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

名手・山本太郎氏が実釣の模様を詳しく解説していく『チヌ釣り伝道師!山本太郎の好釣果へのターニングポイント』。今回は、乗っ込み期の狙いや攻め方などについて紹介しよう。

乗っ込みチヌを考察する

昨年の初夏以降、アウトドア一大ブームが訪れた。釣りも多分に漏れず、これまでに見ないほどの人気を博している。

チヌ釣りにおいても平日・週末を問わず、このところの人気ぶりは目を見張るものがあるが、緊急事態宣言が解除された早春、折しもカカリ釣りにとっては乗っ込みシーズン。チヌ釣り開幕のベストシーズンに突入した。そこで今回は、乗っ込み期のカカリ釣りをより楽しむための、私なりの攻略法を紹介したい。

チヌの乗っ込みはあいまい?

本来、チヌには「乗っ込み」といった行動の用語等はなく、元々はヘラブナの春行動から引用されたもの。ヘラブナは春先、雄・雌が一緒になって背ビレが水面を割るほどの浅瀬に乗っ込んで産卵という大役を果たす。

チヌにも当然のことながら産卵はあるが、ヘラブナほどのはっきりとしたメリハリのある行動ではなく、基本的には「なんとなく」や「いつ始まっていつ終わったか?」といった、実につかみどころのない産卵行動というのが実情である。

全国的にも最もカカリ釣り場が多い三重県を例に挙げると、乗っ込み=産卵行動にメリハリがあるといえるのが、鳥羽の的矢湾と生の浦(おおのうら)湾。例年3月上旬ごろから測ったように抱卵モノが釣れ始め、ゴールデンウィークごろまでダラダラと、ときには激しく釣れ続く。

生の浦湾の釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その他の釣り場は、年によっては同じようなメリハリのある行動を見せることもあるのだが、通常は前述した「なんとなく」のパターンが多い。

春チヌの行動を知る

さてチヌの習性・行動なのだが、湾内の水温が厳しく下げだす晩秋から初冬、体力を整えた個体は群れを作り集団行動で外洋の水温が安定した深場で越冬する。これらの集団はいわゆる回遊性だが、これとは逆に湾内でそのまま冬を過ごす「居着きモノ」も存在する。

私のこれまでの経験では、湾内で越冬したチヌは産卵行動も少し早く、1~2月にはすでに抱卵していることも少なくない。もちろん湾内での最低水温は三重県エリアでは9~12.3度まで下がるので、チヌはその低水温に耐えるだけの大型であることは付け加えておきたい。

的矢湾の釣り場風景(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

メリハリのある的矢湾や生の浦湾では回遊性、その他の釣り場では小規模の回遊性と居着きが入り乱れて行動するようだが、湾の奥へ移動しながらエサをあさったり岩礁や海藻に身を隠したりと忙しく行動する。

「ナーバス」で「気まぐれ」

ご存じの通り、チヌは性転換する魚種として有名だが、全ての稚魚は雄として生まれ、数年後(体長約30cm)、今度はほとんど雌に変わっていく。聞いた話では5~10%程度が雄のまま残るそうだが、地域や諸条件によって差が出るので正解なデータは定かではない。

近年、早春からいきなり25cm級のカイズクラスも一緒になって行動するさまが確認されているが、私自身てっきりこれらのカイズたちも産卵行動に参加しているものと思っていた。たが、実のところ生殖器が未発達な可能性が高く、単に一緒に移動しているだけと考えた方がいいようだ。

20年近く前までは、この乗っ込み期にカイズクラスが釣れることはまれだったのだが、年を追うごとに小型チヌも目立つ気がする。8割以上が抱卵した雌、その後ろを少数の雄と予備軍の小型がピッタリとマークしながらエサ、産卵場を求めて活発に移動する。

主導権は完全に抱卵した雌にあり、性質はナーバス。朝からコツコツと作り上げたポイントにやっと寄せても、気に入らないことがあるとサッサと他へ移動してしまう気難しい時季でもある。

乗っ込み期のカカリ釣りをひとことでいうなら、入門者・初心者にも簡単に釣れるチャンスがある反面、釣り場・ポイントを外せば、あっさり裏切られてしまう「くじ運」も背中合わせだ。

釣り場選択が最優先

注意点はいろいろあるのだが、何にも勝るのが釣り場の選択。長年カカリ釣りをやってきて痛感しているが、一番の策はとにかく今釣れている釣り場、釣れる時に釣行することに尽きる。

至って単純ではあるのだが、この時季よくあるパターンが、「釣り場に行ったが全滅だったのに……」「先週まで好調だったのに、数日前から悪くなって……」といった後手に回ってしまうもの。

過去、私もよくやらかしてしまった失敗例なのだが、渡船店等の釣果情報だけで釣行プランを立ててしまうと、後手に回ってしまう確率は高くなる。要するに、他人の「釣った」情報で動くのではなく、自分が「情報の主役になる」を目指そう。

私が理想としているのは、的矢湾と生の浦湾の各1カ所と、他の釣り場の計3カ所くらいをホームと定め、釣果情報ではなく例年のデータをもとに3カ所をうまく回っていくこと。

ビギナーでも良型クロダイを仕留めるチャンス(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

これからカカリ釣りを始めたいと思っている人、また乗っ込み期に外してしまうことが多い人は一度切り替えてみてはいかがだろう。渡船店によっては過去数年分の釣果情報を消去せず、そのまま保存しているところもある。気になる釣り場、渡船店があれば、時間があるとき「いつごろから釣れだすのか?周期のパターンは?」をチェックしてみよう。

ある釣り場で読み通り好調に釣れ始めたら早速釣行だ。だがここでも注意は必要。潮回りは小潮→中潮→大潮、また月夜、闇夜回りと約2週間周期で繰り返すが、人間にとって大したことではなくても、チヌには大きな影響を与える。

ある釣り場で好調に釣れだしても連日釣れ続くことは絶対になく、好調→ポツポツ→不調を不規則に繰り返している。その周期を読むのはたやすくないが、釣果は大きく変わるはず。

データフィッシングでレベルアップ

三重県での例年の流れとしてはザッとこんな感じだが、今季は最も寒さが厳しいはずの2月に異常気象といえる春の陽気。昨シーズンから続いた高水温等が影響したのか、早くからそこかしこで好釣果が出たり、カイズクラスが釣れ盛ったりと珍しい状況が目立つ。

紀北町の桂城湾では2~3月上旬に大型が好調だったし、生の浦湾では20~30cmのカイズが多くの釣り人を楽しませてくれている。しかもエサは生きエビであることを考えると、もはや秋なのか季節感が分からなくなる。ともあれ、このタイミングで順調に釣れてくれているのは我々にとってもうれしい限り。大いに楽しみなシーズンといえるだろう。

今回は、乗っ込みチヌの習性や行動について話したが、次回はタックル、ダンゴ、そして実釣について解説しよう。

お知らせ

4月からシマノユーチューブ公式チャンネルで「黒鯛流儀」が復活。今回は春の乗っ込みの大型クロダイ攻略と題し、三重県・志摩半島御座にある大伸丸渡船のカセで挑戦。

今まで以上にハイクオリティーな撮影アングルなど、カカリ釣りファン必見だ。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post「山本太郎」の好釣果へのターニングポイント:チヌの乗っ込み攻略法#1first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【ユニクロ】一枚でカンタン垢抜け!サラッと着られる「最旬ブラウス」着用レビュー

    ウレぴあ総研
  2. 田村升吾、永田聖⼀朗らが出演 アナ伝vol.2『霧の中のノスフェラトゥ〜ドラキュラ伝説〜』開幕

    SPICE
  3. 「コストコ」マジック!? 「損したくない」という人ほど損している理由とは【尾藤克之のオススメ】

    J-CAST会社ウォッチ
  4. 「支援者やサポーターって、結構周りにいるものなんですよ」作家・原田マハさんインタビュー

    毎日が発見ネット
  5. 藤巻亮太 “らしい”出来栄えの新曲「まほろば」に込めた誠実なメッセージ

    SPICE
  6. 【タイドラマ】日本限定!『2gether the series』“ブライト&ウィン”のオンラインファンミ開催、チケット発売開始

    ウレぴあ総研
  7. 新しくなった「パソコン版Googleドライブ」の使い方を徹底解説

    価格.comマガジン
  8. 小田原市 プレミアム付商品券 紙・デジタル2本立て 発行額7億6千万円〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  9. 猫好きさん注目!雑貨店のねこいっぱいクラフト展「ねこおおめ」

    ひろしまリード
  10. 多機能になったがデザインがイマイチ?アラジンの最新トースターをレビュー

    特選街web