Yahoo! JAPAN

ゴロタ場で「ぶらり」ルアー釣り 2日間でヒラメとツバスを手中に満足

TSURINEWS

シンキングミノーでキャッチしたヒラメ(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

8月中頃、淡路島の津井周辺を探索。浅場でゴロタ石が広がる足場のポイントで、時間や潮などデータを取るために通って見た。今回はその時の状況を紹介したい。

美容院からの釣り?

その日は美容院が終わってから夕方の散歩程度で釣行。担当の美容師さんも超がつく釣りバカなので(笑)、色々ポイントなども教えてくれることが多く、早速行ってみたというところ。

ちょうど潮が満ちていた。まずはイワシカラーのフローティングミノーを投げてみるが、特に反応なし。ベイトがピチピチと時々跳ねるので、可能性ゼロではなさそうだ。キャストの練習も兼ねてなので、釣れたらラッキーと思って続ける。

シンキングミノーにヒラメ

流石になにもアタリなく、今度はイワシカラーのシンキングにチェンジ。なにやら手前でカツカツアタる。藻かなあ、と思いながら再び同じところをトレース。カツカツと、またフグがつついているような?と思ったところで大きくアワセを入れるとヒット!

こんな手前の浅場で何だろう?と、やり取り。足元までズリ上げるとなんと!嬉しいゲストのヒラメ♪40cmに満たないが、厚みもあり美味しくいただけそうな魚体だ。初めて陸っぱりから釣れたヒラメ、捌くにも内蔵が少なくほとんど身なのでありがたい。あっと言う間に刺し身で食べてしまった。

ヒラメのお刺し身(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

2回目の釣行ではツバス

その何日か後の休日、同じポイントへ今度は早朝に到着。寝坊して夜明け前の時合いを逃してしまい、到着するやいなやすぐにフローティングミノーをキャスト。と!ガガッと2投目でヒット!元気過ぎる引きの正体はツバス。実は陸っぱり初めての青物なので、めちゃくちゃ嬉しい1匹だ。いつかはオカッパリからメジロクラスを釣るのが夢だ。

ツバスを手中に(提供:TSURINEWSライター二杉あゆみ)

しかし、その後が続かず、日が昇ってきてかなり暑くなったですぐに撤退した。

青物料理

最近はハマチ、ツバスが沢山釣れた時の料理法をよく考えるが、刺し身が余れば薬味とヅケにしたり、切り身を醤油、酒、みりんを同量で合わせた調味料に、旬の柑橘(柚子やスダチ)などを輪切りにして一緒に保存袋で漬け込んで冷凍したりする。冷凍庫で味が浸透し、焼く時は冷凍のままグリルへ入れればあっという間に美味な一品が完成する。

色んな料理を考えるのもまた楽しみだ。

<二杉あゆみ/TSURINEWSライター>

The postゴロタ場で「ぶらり」ルアー釣り 2日間でヒラメとツバスを手中に満足first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事