Yahoo! JAPAN

フェンシング男子日本代表の歴代オリンピック成績 メダル獲得までの長い道のり

SPAIA

見延和靖,Ⓒゲッティイメージズ

1952年ヘルシンキ五輪に牧真一が初出場

ヨーロッパで競技人口の多いフェンシングは1896年の第1回アテネ五輪から実施されてきた歴史のあるスポーツだ。日本ではあまり普及していなかったが、2008年北京五輪男子フルーレで太田雄貴が銀メダルを獲得するなど近年の日本勢の活躍もあり、注目度が高まりつつある。

歴代五輪の男子日本代表とその成績を振り返ってみたい。


太田雄貴が史上初の銀、東京五輪ではエペ団体で金メダル

日本から初めて五輪に出場したのが1952年ヘルシンキ大会の牧真一。京都では毎年、名前を冠した「牧杯ジュニアフェンシング選手権大会」が開催されている。

1964年東京五輪では田淵和彦主将率いる団体で4位。3位決定戦でフランスに敗れ、メダルにあと一歩届かなかった。

日本フェンシング界の歴史を塗り替えたのが太田雄貴だ。2008年北京五輪男子フルーレ個人で日本人として初めて決勝に進出。ベンヤミン・クライブリンク(ドイツ)に敗れたものの見事、銀メダルに輝いた。

2012年ロンドン五輪でも太田雄貴と三宅諒、千田健太、淡路卓で臨んだ男子フルーレ団体で銀メダル。準々決勝で中国、準決勝でドイツと強豪を撃破し、決勝でイタリアに敗れた。

太田雄貴は2016年リオデジャネイロ五輪男子フルーレ個人でで敗れて引退。その後、日本フェンシング協会会長に就任した。

そして、2021年東京五輪では男子エペ団体で山田優、見延和靖、加納虹輝、宇山賢が史上初の金メダル。準々決勝でフランス、準決勝で韓国、決勝でロシア・オリンピック委員会(ROC)を破り、快挙を果たした。

男子フルーレ個人でも敷根崇裕が4位入賞。西藤俊哉、松山恭助、永野雄大と臨んだフルーレ団体でも4位に入った。

【関連記事】
・フェンシング女子日本代表の歴代オリンピック成績 江村美咲に初のメダル期待
・【フェンシング】ワールドカップ男子エペ団体で日本代表が金メダル!
・フェンシングのエペ、フルーレ、サーブルの違いは?ライトセーバーが新種目に

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース