Yahoo! JAPAN

犬にとって絶対NGな『歯磨きの仕方』5選

わんちゃんホンポ

犬にとって絶対NGな歯磨きの仕方5つ

皆さんは愛犬の歯磨きを毎日行っていますか。犬にとっても口腔内の健康を保つ上で歯磨きは重要です。しかし、間違った歯磨きの仕方をしていると歯磨きが嫌いになってしまうことも…。ここでは犬にとって絶対NGな歯磨きの仕方を紹介します。

1.最初から歯ブラシを口に突っ込む

歯磨きトレーニングを開始する際、最初から歯ブラシを口の中に無理やり突っ込んでしまっていませんか。犬にとって歯ブラシを口に入れられる行為は不自然なので、必ずと言っていいほど拒否反応を見せます。

無理やり始めから歯ブラシを口に入れられることで、歯ブラシや歯磨きに対してネガティブなイメージを強くしてしまう原因にもなるため、まずは口に触れるところから慣れさせるべきです。

2.無理に押さえつけて歯磨きする

歯磨きをしなくてはという使命感から、飼い主が無理やり愛犬を押さえつけるようにして歯磨きを実行していることがありますがこれもNGです。

無理に押さえつけられる行為そのものを犬は嫌がるため、余計に歯磨きに対するイメージを悪くしてしまいます。また、無理に押さえつけられることで飼い主との信頼関係を悪化させてしまう恐れもあるので、無理に押さえつけて歯磨きするのは控えてください。

3.ゴシゴシと強く歯を擦る

犬が歯磨きを嫌がる主な原因の1つに、力の入れすぎが挙げられます。なかなか大人しく歯磨きをさせてくれる子は少ないので、つい無意識のうちに力を入れすぎている飼い主さんも多いからです。

しかし、飼い主が力を入れてゴシゴシと歯を擦ることで、歯肉を傷つけてしまったり犬が痛みを感じて、より歯磨きが嫌いになってしまったりします。

犬の歯磨きは強くゴシゴシと擦るのではなく、軽く優しく何度も擦ることが重要です。そのためには、まず歯ブラシではなく手で口に触れるところから慣れさせる必要があります。

4.人間用の毛先が硬い歯ブラシを使う

犬用の歯ブラシを見ると、人間の歯ブラシに形が似ています。そのため、わざわざ犬用の歯ブラシを買わなくてもいいのではと思う方もいるかもしれません。

しかし、人間用の歯ブラシと犬用の歯ブラシでは持ち手の部分の長さや毛の硬さ、ヘッドの形などが大きく異なります。

人間用の歯ブラシでは、毛が硬いため犬が痛みを感じて嫌がったり、口内を傷つけてしまう原因になります。また、持ち手が長く必要以上に奥に入れてしまうと非常に危険です。したがって、犬の歯磨きには犬用の歯ブラシを使わなければいけません。

5.無理に奥まで入れ込む

犬の奥歯を磨くため、無理に奥まで歯ブラシを入れ込んでしまうことはありませんか。歯ブラシを口に入れられることを苦手とする犬は多いので、無理に奥まで入れこまれてしまうと、恐怖心を煽ってしまいます。

また、誤って喉の奥を突いてしまう恐れもあるため無理に奥まで入れることはせず、愛犬が自ら力を入れずに口を開けてくれている時に、余裕を持って奥歯を磨くようにしてください。

中には歯ブラシを噛んで破損してしまったり、噛んで飼主さんの手から奪い取ってしまう犬もいます。そんなに簡単に折れるものではありませんが、口の中を傷つけてしまったり、最悪の場合飲み込んでしまうかもしれません。

十分注意しましょう。

歯磨きに慣れさせるための5ステップ

犬にとって絶対NGな歯磨きの仕方を理解したところで、歯磨きに慣れさせるためのステップをご紹介します。犬の歯磨きを成功させるためには、とにかく犬に「歯磨きが嫌い!」と思わせないことが大切です。

「すでに嫌がってしまっている…」というご家庭も、まずはステップ1からチャレンジしてみましょう!

1.膝の上に乗せた状態で軽く指で口周りを触る
2.数週間後に匂い付きのデンタルジェルの匂いを嗅がせる
3.デンタルジェルを指につけて歯や歯の周りを優しくマッサージ
4.③に慣れたらガーゼやシートにジェルをつけて軽く歯磨き(まずは1本から)
5.④に慣れてきたら歯ブラシに移行(嫌がったらもう一度④に戻る)

とにかく無理せずゆっくり愛犬のペースで進めることが大切です。嫌がる場合は、1つ前のステップに戻ったり、とにかく大げさに褒めてみたりしましょう。

また、飼い主が必死に歯磨きしようとすると愛犬も緊張してしまいます。遊びに誘うような感覚で飼い主側も気楽に構えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯磨きを苦手とする犬はとても多いですが、健康を維持する上でも必要な日課です。しかし、無理に進めてしまうとうまく磨けないだけでなく歯磨きを嫌がるようになってしまうので、少しずつ愛犬のペースで慣れさせていきましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事