Yahoo! JAPAN

濱田岳×水川あさみのセックスレス夫婦に“新婚”バカリズム「ゾッとしました」

ドワンゴジェイピー

濱田岳×水川あさみのセックスレス夫婦に“新婚”バカリズム「ゾッとしました」

9月11日(金)に公開される映画『喜劇 愛妻物語』に、各界の著名人から共感・称賛コメントが到着した。

結婚10年目。倦怠期。セックスレス。笑えて、呆れて、呆れて、泣ける。愛憎渦巻く夫婦道。『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた足立紳が、自身の夫婦生活を赤裸々に綴った自伝的小説を自ら監督・脚本を務めて映画化した『喜劇 愛妻物語』。いつまで経っても売れる見込みがない、年収50万円の脚本家の豪太と、そんな情けない夫に絶望している酒好きの妻チカ。結婚10年目にして倦怠期の真っ只中にいるセックスレス夫婦の痛快な愛憎劇だ。

各界の著名人から到着した共感・称賛コメントはこちら。

<YOU(タレント)>
色あせたでかいパンツを丸出しにして寝れる妻にあたしもなりたかった!岳さん、あさみ、ちせちゃんが素晴らしい。面白痛快リアル。大好き!

<バカリズム(お笑い芸人)>
激しくも生々しい夫婦のやりとりに笑いながらも、結婚1年目の僕は時々ゾッとしました。観ておいてよかったです。

<森三中・大島美幸(芸人)>
お隣の家庭をのぞき見しているようなリアルさ。嫁の脳をつき刺すような罵声と夫の天から授かったクズさが最後は心地よくなり、もっと見たいと思う不思議な現象。笑わせていただきました。

<小堺一機>
声を出して、笑い、声を出して泣いた!現実の辛さを知り尽くした者が真のロマンチストだと言う先達の言葉を思い出した。だからラストが照れくさく無く染みる!皆、男も女も頑張ろう!



<メッセンジャー・黒田有(芸人)>
愛だ!とか、恋だ!とか馬鹿々しい!と思ってるのなら。是非、この映画を!バカバカしくても‥愛も恋も‥あるんです!

<北上次郎(文芸評論家)>
だらしがなく、助平で、それで稼ぎが少ないのでは妻が怒るのも無理はない。しかし、この「ダメ男」に限りない共感を寄せる全国の男性諸君は多いのではないか。頑張れ、豪太!

<倉本美津留(放送作家)>
こんなにどうしようもない映画見たことない。どうしようもなさ過ぎて笑ってしまう。これ以上どうしようもない。の先にやっと希望がチラっとした。そしてこの映画が実在した。究極の私映画。それは見事な大衆映画。

<前野朋哉(俳優・監督)>
大大大傑作!妻役の水川さんの罵詈雑言正論マシンガンに蜂の巣にされました。夫役の濱田さんは性欲ゾンビ!これは新解釈ゾンビ映画の誕生か!?夫婦は何度だって這い上がるんだ。

<桜井玲香(女優)>
足立監督の実体験を元にしていると聞き、こんなところまで、私覗いちゃっていいのかな。と終始ドキドキしました。親の喧嘩を見ていた子供の頃の記憶が蘇ったり、将来自分はもう少し穏やかな奥さんになろう、と反面教師になったり。先の見えない未来は本当に不安だけれど、どんな相手であろうとも絶対的に愛して信じてくれるパートナーがそばにいるということはとても羨ましいと思いました。



<しゅはまはるみ(女優)>
数年前にWSで「乳房に蚊」を演じた事がある。チクチクと痛痒いところばかりをついてくる既に泣いて笑える脚本だった。だから私はこの映画の里親の気持ちです。誕生日おめでとう。

<野々村友紀子(放送作家)>
最っ低な夫と最っ高の鬼嫁が、非情な現実の海でもがき、足掻き、けなし合い、掴み合い、溺れないよう懸命に支え合っていた。笑い声と同時に涙が流れたのは初めて。

<燃え殻(作家)>
誰かの幸せのために…までは考えてないかもしれない…いや巡りめぐって、そりゃ喜んでほしい。けど、目の前のおっぱい、年齢的恐怖、お尻、面倒臭さにまた負け越しそうな主人公を、誰が手放しで笑えるだろう。涙が流れた。理由は言えない。

<中村義洋(映画監督)>
濱田岳のニヤニヤ笑いは、万人を脱力させ、時として場違いで、物悲しくも壮絶で、ホンモノ(監督)の完コピです。ありゃ奥さんムカつきますよ。パート7ぐらいまでは必ず観に行くので、監督夫妻はこれからも末永く喧嘩し続けてください。



<武正晴(映画監督>
足立さんの小豆島での奇譚小噺は数ある彼の夫婦ネタの中でも鉄板だった。シナリオにしたら良いじゃないかと勧めたら、もう書いているという。映画になる前に小説になった。僕と足立さんが敬愛する、尾崎放哉の名句から「乳房に蚊」と表題されていた。小豆島は放哉の終焉の地である。愉しい小説だった。僕が足立夫妻の物語から「リングサイド・ストーリー」という映画を創るきっかけとなった場面に、胸が熱くなった。小噺が小説になり、映画になった。共に敬愛する新藤兼人監督作品のデビュー作名に「喜劇」の2文字が乗っかっていた。共に売れないシナリオライターが主人公である。小豆島での撮影に僕は駆けつけた。フェリーから臨んだ小豆島の風景と撮影中の足立さんの姿が頼もしく、思い出の一日となった。完成した映画を観終わって熱いものが込み上げてきた。「やったな足立」と呟かずにはいられなかった。足立さん夫婦とその家族のおかげで僕は愉しい人生が送れている。

■映画『喜劇 愛妻物語』
9月11日(金) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
出演:濱田岳 水川あさみ 新津ちせ 大久保佳代子 坂田聡 宇野祥平 黒田大輔 冨手麻妙 河合優実 夏帆 ふせえり 光石研
★第32回東京国際映画祭 【最優秀脚本賞】受賞
★第22回ウディネ・ファーイースト映画祭 コンペティション部門正式出品

(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 聞くだけで幸せ!お子さんが嬉しそうな顔をする瞬間を教えてください

    ママスタセレクト
  2. 中川翔子“誕生ヒストリー”父・中川勝彦さんの二十七回忌に母が回想「子供を作ろうと言われ…」

    Techinsight
  3. 小野大輔、TOKYO FM新番組『Delightful Days』が10月3日スタート 喜びのコメントが到着

    SPICE
  4. 「A3の持ち手付きケース」が300円!! 家の整理にも便利そう。

    東京バーゲンマニア
  5. Chelmico、「どうやら、私は」ミュージックビデオが完成

    SPICE
  6. 【9月21日プロ野球公示】阪神が浜地真澄と中田賢一抹消、岩田稔とエドワーズを登録、DeNAは京山将弥を登録

    SPAIA
  7. ハナコ岡部大が朝ドラ「エール」で評価急上昇!ライバルは“共通点だらけ”のハライチ澤部佑

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. 大森隆志さんが明かす「サザン時代の自分は地上2m上をフワフワ浮いていた」【ロフト創業者が見たライブハウス50年】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. 草刈正雄さん コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔のないよう思いを伝えたい」【#コロナとどう暮らす】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. 藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助「半沢直樹」での躍進が追い風に

    日刊ゲンダイDIGITAL