Yahoo! JAPAN

環境保護 ポスターで啓発 横浜市南区作成、イトーヨーカドー横浜別所店に掲示〈横浜市南区〉

タウンニュース

プラごみ削減を訴えるポスター

南区役所は住民に環境問題について考えてもらおうと、食品ロスの削減などを訴えるポスターをイトーヨーカドー横浜別所店に掲示している。人が集まる商業施設に掲示することで、広い対象への啓発を図る。

国連が環境汚染などの社会問題を解決するべく掲げた17の目標から成る「SDGs(持続可能な開発目標)」。南区内では市立日枝小学校の児童が授業でエコバッグ作りに挑戦し、それを近所のスーパーで貸与するなど、目標達成へ向けた活動が進められている。

同店は発砲スチロールトレイの回収や家庭で不用になった未開封の食品を集める「フードドライブ」を実施する。約1年半前からクイズラリーなどでSDGsを多世代に発信する企画に取り組んでおり、南区からの掲示依頼を快諾した。

区が作ったポスターは2種類。食品ロスと海の生態系に悪影響を及ぼすとされる微小なプラスチックごみ「マイクロプラスチック」の削減を呼び掛けたものが2枚ずつ、レジの近くに掲示されている。同店は「行政とともに地球の未来を考えた取り組みを推進していければ」と話す。

同店は現在、リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進月間の10月に、来店者が家庭ですぐに実践できるエコロジー活動をまとめた動画の放映や啓発物を配るイベントを検討している。

【関連記事】

おすすめの記事