Yahoo! JAPAN

INI・藤牧京介 錦鯉ら作詞のラブソングを歌う!女性にウケたのは?

フジテレビュー!!

INIの藤牧京介さんが、おじさん芸人たちが作詞した「大人のラブソング」をしっとりと歌い上げました。

6月21日(火)、『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(カンテレ・フジテレビ系)が放送されました。

人気企画「6連単!ぴったり当てたら100万円」に、錦鯉(長谷川雅紀さん、渡辺隆さん)が参戦。

錦鯉

博多華丸さん、博多大吉さん、千鳥(大悟さん、ノブさん)、かまいたち(山内健司さん、濱家隆一さん)とともに順位を予想。100万円を獲得を目指しました。

「大人のラブソング 刺さったのは誰の歌詞?ランキング」では、錦鯉、博多大吉さん、千鳥、山内さんの6人が、30代・40代女性に向けた「大人の恋愛」をテーマに作詞。

コーナーMCは、博多華丸さん、濱家隆一さんが務めました。

6人のオリジナルラブソングを、グローバルボーイズグループ・INIの藤牧京介さんが、甘い声で歌い上げました。

藤牧京介(INI)

前回高評価のノブは気合十分

前回の作詞対決で「テモメモ」という歌のタイトルを絶賛されたノブさんは、今回も気合十分。

「夫婦でこういう感じになれたらいいな」という思いを込めて、作詞したといいます。

ノブ:これは、来ましたね。

大吉:でも、タイトルがねぇ…。

大悟:「サクラ」でよかったんじゃないの?

山内:前回の「テモメモ」を引きずりまくってるから。

ノブ:前回の“テモメモギミック”をやろうとしたけど…。今聴いたら、失敗してますね(笑)。

大悟はタバコにこだわってクセ強め

大悟さんは「大人の恋愛は『別れたあと』」と語り、前回同様タバコにこだわった歌詞で勝負に出ました。

大悟:「(開けに)来ないで」よ。「開けに来てよ」じゃなくて「もう会いに来ないで」っていう。

渡辺:あぁ、なるほどね!

大悟:「また開けちゃうからね、その言葉を…」っていう。

ノブ:なんでタバコ縛りやねん!

一同:(笑)

博多大吉は森高千里風「春吉橋」

大吉さんは「森高千里さんをイメージした」「何気ない日常の恋愛観が伝われば」という作品で勝負。

大吉:コロナ禍で思い出が作れなかったから。

ノブ:そういう3年っていうことですね。

一同:なるほど。

大吉:「今年の夏は」あたりから、急に森高色が強くなってるんだけど。

長谷川:なんか…歌いそうですもんね。

大吉:中洲に架かる有名な橋を、「渡良瀬橋」のようにしてね。

華丸:ちなみに、プチ情報ですけど、春吉橋(※)がちょうど3年くらいの工事を終えて開通したの。

(※)春吉橋は、福岡市にある橋

ノブ:じゃ、本当に3年待ってるんだ。

華丸:そう、そう。

大吉:春吉橋の情報は、入れてないのよ(笑)。

山内健司の世界観に「え、何?」「ダサっ!」

山内さんは、「年齢を重ねたけど、また本気で好きになっているのを恥ずかしがっている感じを出してみました」「いつまでも青春ですね。いい恋愛だなって…」と、自信を見せました。

藤牧さんが歌ってみると、曲の途中、「もー」の部分だけが、突然セリフのような口調に…。

唐突な展開に、みな「え、何?」と困惑。「ダサっ!」「むちゃくちゃダサい!」「キツイなぁ、おまえ」と声が上がる中、山内さんは「完璧に歌ってくれてる!」と満足そうに拍手しました。

錦鯉のラブソングは期待されるも…

渡辺さんの歌詞には、「楽しみ!」(大悟)、「なんか、染みそうやな」(ノブ)と期待が寄せられました。

曲を聴いた大悟さんは「なんかいいぞ!」と反応。

渡辺さんは「20代くらいのときに、40代のカップルを見たときに『まだデートとかするのかよ』って思ってたのが、40代になって(その気持ちが)やっとわかったみたいな」と、語りました。

一方、彼女と遠距離恋愛中の長谷川さんは、「せつない別れ」をテーマに作詞。

前半はいい感じでしたが、後半から歌詞の意味がみなに伝わらず。

長谷川さんは、「なんやってん!」(大悟)、「具体的って、何なんですか」(ノブ)、「具体的なこと、何にも言ってないですよ」(山内)とツッコまれてしまいました。

山内が長谷川に「狙ってボケてウケてるの見たことない!」

一通り聴き終えたところで、ランキングの予想へ。

大吉さんのラブソングは「『30代、40代でも明るい恋愛していいんだよ』みたいな取り方できるのでは」(渡辺)、ノブさんのラブソングは「歌詞はめちゃくちゃいい!」(渡辺)という声が上がり、みな上位に予想。

長谷川さんは、自分を1位に予想しましたが、「あの『具体的』が、1位なわけない」(ノブ)とツッコまれてしまい、苦笑い。

最下位は、長谷川さんか山内さんかということになり…。

長谷川:僕の前半、めちゃくちゃ良くないですか?

山内:いいですけど。タイトルが「具体的」やから、「具体的」ってどういうことやろって思いながら聴いてるんで、最後の「具体的」ってどういう意味?ってなって、評価下げる終わり方なんですよ。

長谷川:いや、違うんですよ。

山内:何が違うんですか?

濱家:(危うい空気を察知し)めっちゃ年上やぞ!

長谷川:「別々の道に行った」っていう、失恋というか。悲しい思い出みたいな…。

山内:それがわからないですもん、あれじゃ。狙ったことが伝わってない!長谷川さんが、自分で狙ってボケてウケてるの見たことない!

濱家:おい!

長谷川:ちょっと待って…。

ノブ:違う話やろ! 

大悟:長谷川さんは、(山内さんが作詞した)「じゃん」は、何がダメだと思うの?

長谷川:僕は「じゃん」良かったんです。「もー」がダメだったんですよね。セリフみたいな…。

大悟:もっとボロクソに言わんと!

長谷川さんは、山内さんがふっかけてきたノリに上手く乗ることができず、「やさしすぎる」「いい人やなぁ」と言われてしまいました。

ヒントチャンス(誰か1人、上位なのか下位なのかがわかる)を使い、大悟さんが下位(4~6位)であることが判明。

これらを踏まえて、全員で決めた最終的な予想順位は、こちら。

「目の前で歌われたら好きになる」と刺さったラブソングは

30代・40代の女性30人に、誰が書いた歌詞かは伏せた状態でアンケートを実施しました。

「春吉橋」は「ドラマが見えた感じ」(40代主婦)

「あの頃」は「目の前で歌われたら好きになる」(40代看護師)

「ハッ!サクラ!」は「現在進行系で明るい恋みたいなのがいい」(40代会社員)

「セッター」は「ダントツ!付き合ってた人がセブンスター吸ってた(から)」(40代会社員)

などの意見があり、結果は…。

的中ならず。

ラブソング企画を2連覇したノブさんは「自信持っていかなあかんなあ」とご満悦。

改めて自分の歌詞を「『最後に閉じた まぶたに映るシルエット 2人でいたい』って、スゴイぞ、あれぇ」と自画自賛しました。

ほかにも「女子高生30人が選ぶかわいいおじさんは誰?ランキング」や、年齢を重ねるとともに難しくなる日常動作3つの合計タイムを競う「おじさんタイムトライアル」も放送しました。

【関連記事】

おすすめの記事