Yahoo! JAPAN

100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】

TSURINEWS

100均ジグでオオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

三重県・南伊勢・古和浦湾へ、SUPフィッシングに出かけた。前日の夜に楽しんだ紀伊長島のアジングとともに、気ままな夏のライトゲームをレポートする。

紀伊長島港でアジング

7月22日は海の日。当然、こんな日は海を満喫するに限る。という訳で車にSUP(スタンドアップパドルボード)を積み込み、前夜から出かけた。

最初に向かったのは紀伊長島港。午後11時ごろから常夜灯周りでアジを狙うが、潮止まりのせいか水面は静かだ。

まずはジグヘッド0.8g+パワーイソメで探るが反応はない。

潮が動くと小アジ登場

ところが、潮が動き始めると同時に小アジらしい群れが登場。群れの中を通すと一発で食ってきた。

ここからヒット連発。ただ食いが浅いのか、バラシも連発する。そこでジグヘッドを0.4gに変更するが状況は変わらない。腕の問題と言えばそれまでだが、それだけは認めたくないのが釣り人というものなのだ。

手を変え品を変え、苦戦していると突然アタリが止まった。まだ潮は動いているし群れもいる。こんなことは前にもあったが、アクションやレンジを変えれば食ってきた。ところが、今回は何をしても反応がない。

そんな時は素直に諦めるのが正解。次の予定もあるので、ここで終了とした。

結局夜の部は2時間ほどで13~14cmのアジを14匹と、他に小サバやセイゴが少々。

アジは13~14cmが14匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)



古和浦湾でSUPフィッシング

翌朝は南伊勢方面に移動。漁船や遊漁船が出払ったころを見計らい、6時半ごろに古和浦湾の奥からSUPでこぎ出した。といっても沖まで出る訳ではなく、見える範囲内の岸際を中心に探っていく。

陸っぱりでは狙えない岸際のブレイクを探る(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

100均マイクロジグで挑戦

ルアーは100均のマイクロジグ5g。今回はこれ一本勝負だ。ハリはテール側を外して前1本だけ。岸側にキャストし、水中に見えるカケアガリの斜面に沿って、リフト&フォールで沖に向けて探っていく。

SUPフィッシングタックル(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

オオモンハタは時期尚早?

最初はササノハベラ、続いてカサゴ、アカエソ。

強烈な引きを見せたササノハベラ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

それなりにヒットはあるが、例年なら真っ先に釣れるオオモンハタが姿を見せない。不思議に思っていると、ラインが真下を向いたところでようやくのヒット。サイズは25cm弱だ。

カケアガリの下でオオモンハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

もしや、とバーチカルに探ると同クラスが3連発。しかしその後もカケアガリの途中までは他魚ばかり。オオモンハタはレンジが深く、しかも数型ともに今ひとつだ。

陸っぱりでも、カサゴが先にヒットするときは時期尚早の感があった。盛期にはハタばかりになることを思えば、今年は少し遅れているのか。

シャローにはカサゴが多い(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

25cm級シオも登場

そんなことを考えながらジグを回収していると、20cm弱のツバスがチェイスしてきた。これで五目達成と頑張ってみたが、食わせ切れないまま姿を消してしまった。

その後、少し移動すると、回収中にサオが絞り込まれた。慌ててのぞき込むと、ギラリと光る魚体。慎重に浮かせてみれば25cm級のシオだ。

25cmほどのシオ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

これでようやく五目達成。その後もしばらく粘ってみたが6目とはならず、暑さが厳しくなった8時半に終了とした。使ったジグは最後までそれ1本。これで一軍入り決定だ。

今回はまだ早すぎた感もあるが、それでも25cm級を頭に15匹ほどのオオモンハタが顔を見せてくれた。盛期になれば数も増え、他のハタ類も混じるようになる。

シャローではアカエソも(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

SUPフィッシングの注意点

手軽に楽しめるSUPフィッシングだが、水面に出る以上は十分な装備と心構えが必要だ。事故を起こさない、地元に迷惑をかけないは当たり前。海の上では異端視されやすいため、十分すぎる配慮が必要になる。

チャレンジしてみようと思っている人は、まずスクールなどで基本をしっかり身に付けよう。何事も安全第一。楽しいはずの釣りで命を落とすことのないよう、しっかりと肝に銘じておきたい。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post100均ジグ縛りSUPフィッシング堪能 オオモンハタなど五目達成【三重】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. WOWOW『宝塚プルミエール』珠城りょう退団スペシャル!早乙女わかば、香咲蘭とロケ企画

    エンタステージ
  2. 長い旅路の果て?杖のように小枝を抱えて眠るハムスター

    おたくま経済新聞
  3. 40・50代の顔たるみを防ぐ!老化防止に「ちょい足し」すべきタンパク質5つ

    つやプラ
  4. 犬が人を鼻で「ツンツン」する時の心理5つ

    わんちゃんホンポ
  5. 【連載】≠ME 菅波美玲アニメホリック 第15回 ブラックジョーク満載の“教育番組アニメ”を語る「体操のお兄さんが闇を抱えているんですよ。しかも特大級の闇を!」

    Pop’n’Roll
  6. 猫を『飼育禁止物件』で飼うと起こる危険なトラブル3つ

    ねこちゃんホンポ
  7. <妊活のプレッシャー>「僕たちなりの幸せを」夫の言葉に涙。前を向く【まんが:夫婦の気持ち】

    ママスタセレクト
  8. <妊活のプレッシャー>子どもをもつより大切なことは?【まんが:夫の気持ち】

    ママスタセレクト
  9. 「脱原発」衆院選の争点に! 押し込む野党、岸田政権で後退? する「再エネ」推進

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 漁港でのシーバスゲームでフッコキャッチ メバル用ルアーに好反応

    TSURINEWS