Yahoo! JAPAN

「ブラックバス釣り」入門 海釣りの道具(タックル)流用は可能?

TSURINEWS

シーバスタックルでキャッチしたブラックバス(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ゲームフィッシングとして人気の高いブラックバス。専用のタックルやルアーが数多くリリースされている。今回は、海釣りはするけどバス釣りは道具がないし……と言う方向けの記事である。海用のルアータックルを流用し、バス釣りの入り口に少しだけ入ってみよう。

実は結構簡単なバス釣り

奥が深く、難しそうなイメージがあるブラックバスだが、決してそんなことはない。海で培ってきた釣りの経験があれば、意外と釣れるものだ。

アイキャッチ画像のバスは、シーバスロッドをそのまま使って釣り上げたもの。別にちょっと楽しむだけなら専用ロッドでなくともいいのだ。

流用できるタックル

バス釣りに流用できるソルトタックルは、だいたいこんな感じである。

シーバスタックルでキャッチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

・シーバスタックル
・ロックフィッシュタックル
・エギングタックル

それぞれロッドやラインの太さによって対応できるルアーは限られてくるが、上記なら大抵のバス釣りに対応できる。

ここで、大事な注意点は掛けたからには絶対にキャッチできるようにするということ。エステルのアジングタックルや極細PEのメバルタックルでは、バスにのされてあえなくラインブレイクするのが容易に想像できる。あまりに弱いタックルで遊ぶのは絶対にやめよう。ルアーを捨てるようなもので、しかも魚にルアーをつけたままにしてしまう。

釣り方は決して難しくない

バス釣りのルアーは多岐に渡り、どれを使えばいいか分からないと言う方も多いだろう。最先端の流行のリグはやはりバスに慣れていない人間からすると難しいが、釣り方にこだわらなければそこまでバス釣りは難しくない。

似た釣りものだとワームでのカサゴ釣りがある。テキサスリグなどでカサゴを狙うのは定番のやり方だが、そもそもテキサスリグはバス釣りからきている。釣り方もズル引いたり、シェイクしてステイしたりとカサゴ釣りと大きな差はない。

釣り方にこだわらなければ簡単?(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

使うワームもカサゴ釣りで使うようなザリガニのようなクロー系ワームで構わない。

慣れてきたら色々とトライしてみよう

バス釣りはたった一種類の魚を相手にするのに非常に多くの手段がある。それらを駆使して食わせるのも楽しみの一つなので、様々なリグを試してみてほしい。海釣りとは違う世界が待っているはずだ。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

The post「ブラックバス釣り」入門 海釣りの道具(タックル)流用は可能?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事