Yahoo! JAPAN

本渡楓が講師を務める「刀使ノ巫女」の特番「とじよみゼミナール」が9月22日に配信決定!

WebNewtype

配信番組「とじよみゼミナール 朗読劇『刀使ノ巫女 清夏奉燈』100倍楽しく見る方法!」/(C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会 (C)READPIA/朗読劇『刀使ノ巫子』

9月22日(水)20時から、YouTubeとニコニコ生放送で本渡楓さんが出演する特番「とじよみゼミナール 朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」100倍楽しく見る方法!」が配信決定!

11月6日・7日に公演されるアニメ「刀使ノ巫女」の後日談を描く朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」に向けて、衛藤可奈美役の本渡楓さんが講師となってTVアニメの振り返りや朗読劇の見どころをバッチリ講義してくれます。チケット情報などの公演最新情報も発表されます。

特番「とじよみゼミナール 朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」100倍楽しく見る方法!」は、YouTubeのKADOKAWA Anime チャンネルとニコニコ生放送のREADPIAチャンネルで配信予定です。ニコ生では配信終了後、READPIAチャンネルの会員登録者限定でおまけアフタートークが配信予定です。

【朗読劇「刀使ノ巫女 清夏奉燈」あらすじ】

タギツヒメとの死闘、『年の瀬の大災厄』が終結してから七ヶ月。衛藤可奈美と十条姫和が隠世の深層から?還して三ヶ月と少し。季節は夏。学生にとっては夏休みの時期である。関東一帯では『年の瀬の大災厄』以降、荒魂の出現頻度が急増。この事態に特別祭祀機動隊強化が急務となった警察庁特別刀剣類管理局は、折神紫体制時代に使用されなくなっていた、伊豆諸島にある刀使訓練宿舎再稼働を決定した。しかし、その島で荒魂が目撃された。姿をくらませた荒魂に対し、真庭本部長は調査任務を下達。衛藤可奈美、十条姫和、柳瀬舞衣、糸見紗耶香、益子薫、古波蔵エレンの六名が派遣されることに。久しぶりの再会に喜ぶ六名は調査任務に就くが、舞衣にはさらに羽島学長から別任務も与えられていて――。これはとある夏休み、三日間の任務記録。

【関連記事】

おすすめの記事