Yahoo! JAPAN

生姜とネギが食欲をそそる!姜葱醤(ジャンツォンジャン)の作り方と使い方を紹介!

オリーブオイルをひとまわし

生姜とネギが食欲をそそる!姜葱醤(ジャンツォンジャン)の作り方と使い方を紹介!

万能調味料として最近注目されているのが「姜葱醤(ジャンツォンジャン)」だ。生姜とネギを使った調味料で、どんな料理に入れても美味しいと話題になっている。そんな姜葱醤は自宅にある材料を組み合わせて作ったり、市販のものを購入することもできる。今回は万能調味料、姜葱醤の作り方や使い方を紹介しよう。

1. 万能調味料!姜葱醤の作り方

姜葱醤は、生姜にネギ、ごま油などを組み合わせて作られており、自宅でも手軽に作ることができる万能調味料だ。そのまま豆腐にかけたり、炒め物やパスタの味付け、さらに唐揚げなどの下味としても重宝するので、作り置きしておくのもいいだろう。

作り方

まず、生姜をすりおろしておき、絞り汁を軽く切ったらレンジで加熱しておく。そこに長ねぎのみじん切りを加えてフードプロセッサーにかける。全体が滑らかになったら、塩ときび砂糖、鶏がらスープの素、ごま油、米油を入れてよく混ぜる。一晩冷蔵庫で寝かせたら完成だ。

アレンジ方法

姜葱醤のアレンジとして醤油やポン酢、甘酢などを混ぜて味にアレンジを加えてみるのもいいだろう。

2. 姜葱醤の美味しい使い方

姜葱醤は万能調味料といわれるだけあって、さまざまな使い方が楽しめる。姜葱醤の美味しい使い方をいくつか紹介しよう。

炒め物

姜葱醤の定番の使い方が豚の生姜焼きだ。いつもの生姜焼きに姜葱醤を加えるだけで、ひと味違った美味しさに仕上がる。炒めた豚肉と玉ねぎに姜葱醤と醤油、みりん、酒を混ぜて味付けするだけだ。ほかにも野菜炒めの味付けとしても使うことができる。

スープ

姜葱醤はスープの味付けとしても使うことができる。生姜とネギの旨みが詰まっているので、深い味わいのスープが完成するのだ。白菜やベーコンなどの具材を煮込んで、鶏がらスープの素と姜葱醤で味付けすれば、簡単にほっこり温まるスープが完成するだろう。

焼きそば

姜葱醤を使えば、簡単に塩焼きそばを作ることができる。好みの具材と中華麺を炒めたら、姜葱醤や鶏がらスープの素、にんにくのすりおろしなどで味付けをするのだ。パンチのきいた塩味で食欲をそそる塩焼きそばになる。

3. 市販のおすすめ姜葱醤

手軽に姜葱醤を使ってみたい人は、市販の姜葱醤を購入してみるのがいいだろう。おすすめの姜葱醤を紹介するので、チェックしてみよう。

神戸物産 姜葱醤

姜葱醤の人気の火付け役ともいわれているのが、業務スーパーでおなじみの神戸物産の姜葱醤だ。生姜とネギ油が香る姜葱醤で、手頃な値段と使いやすさから人気を博している。そのままかけたり、炒め物や揚げ物の下味にも使えるまさに万能調味料だ。

カルディ 葱と生姜

世界中の調味料や輸入商品を取り扱っているカルディにも姜葱醤と同じ味付けの葱と生姜という調味料が販売されている。国産の長ねぎと生姜をたっぷり使った万能ダレで、肉料理から魚料理まで幅広く使うことができると人気だ。

ユウキ食品 ネギ塩醤

ユウキ食品からも姜葱醤と同じネギ塩醤が販売されている。みじん切りのネギにほどよい塩味と香ばしいごま油を加えており、焼肉や唐揚げなどにもよく合う。香ばしく食欲をそそる味わいはまさに万能調味料だ。

久世福商店 韓国万能だれ(ねぎ塩味)

さまざまなこだわりある食品などを取り扱っている久世福商店でも姜葱醤と同じネギと生姜を使った韓国万能だれ(ねぎ塩味)が販売されている。手軽に韓国風の味わいが作れるをコンセプトに作られた万能調味料で、香ばしい風味が食欲をそそる味付けだ。

結論

姜葱醤は生姜とネギの香りや風味が楽しめる万能調味料として人気だ。そのまま豆腐にのせて食べるだけでも美味しいが、炒め物から料理の下味と使い方は無限大。チャーハンや焼きそばなどの中華料理にも活用でき、姜葱醤を加えることで手軽に本格的な味わいになる。姜葱醤は市販でも手作りでも楽しめるので、万能調味料として自宅に常備しておいてもいいだろう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 児玉智絢

【関連記事】

おすすめの記事