Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

助けになりたい! 認知症の初期対応で気を付けるべきこと3つ

コクハク

手伝ってくれるのはありがたいんだけど…(写真:iStock)

 親や身近な人が認知症だと診断されたら、多くの人が戸惑うでしょう。人によっては「本当に認知症なの?」と、疑いたくなるほど元気な人が診断されることもあり、周囲は接し方やこれからのことに大きな不安を持ってしまうことも。しかし実は、認知症は初期段階であれば、普段通りに生活できることも多いのです。認知症の初期の対応で気を付けるべき対応方法や、本人が望む支援を考えてみましょう。

【介護なミライ ~その時、私にできるコト】

認知症の初期対応で気を付けるべき3つのこと

手伝ってくれるのはありがたいんだけど…(写真:iStock)

 認知症と診断された人への対応として、原則は「特別扱いしないこと」が大切。その理由や、認知症の初期対応で気を付けるべきことを、お伝えしていきます。

過剰介護にならないように注意

 認知症と診断されるまでは、盆暮れ正月くらいしか顔を見せなかった親族が毎日のように訪問してくるようになり、家のことを手伝うようになった。このようなエピソードを、介護士をしていた筆者はよく耳にしました。さぞかし本人は喜んでいるかと思いきや、「ありがたいんだけどねぇ……」と、顔をしかめて言うのです。

 人は誰でも、自分のことは自分でやりたいという性質があります。それに、歩くこと、買い物や調理などは思考能力を高め、機能維持やリハビリにも繋がります。「認知症と診断されたから」という家族の思いやりは理解できますが、できることは本人にしてもらうのが認知症の初期対応では正しい判断でしょう。やることをなんでも取り上げられてしまうと、「こんなことも自らできなくなってしまったのか」と、本人が落ち込んでしまう可能性もあるのです。

ネガティブなワードは避ける

 認知症は日常生活で不便することがあっても、投薬をしていれば急激に進行する病気ではありません。しかし、認知症と診断された時点で、周囲に心無い発言をされてしまったり、特別扱いをされてしまうことでショックを受け、老齢性うつになってしまう人も多くいます。

「また忘れちゃったの?」という声かけは、本人の自信喪失になりますし、そう投げかけたところで現状は変わりません。相手をネガティブに考えさせてしまうようなワードには、細心の注意を払う必要があるといえるでしょう。

本人から病状を聞くのは避けること

 認知症と診断された後では、家族以上に本人の起伏が激しくなることがあります。たとえ「私は大丈夫」と言われても鵜呑みにしてはいけませんし、「最近元気?」と聞くことで、本人が弱気になってしまうケースもあるのです。

 このようなことが続くと、見栄で嘘をついたり病状の変化を隠したりしてしまい、受診の際に正しい情報が得られなくなってしまいます。認知症の症状は、日常の生活など些細なことでチェックすることができます。そのため、本人から病状を聞き出すことは避けた方が無難です。

認知症初期の人が望む対応とは

これまでと同じ関係でいたい(写真:iStock)

 認知症の人は「優しくしてもらっている」「やってもらっている」という認識があるため、周囲の人に「自分でできる!」と言い出せないことがあります。また、本人以上に周囲が認知症であると身構えてしまうことも。そこで、認知症の人が求める適度な距離感について、お伝えしていきます。

これまでと変わらない関係を継続したい

 病気になるのは不可抗力です。誰だって望んで認知症になるわけではないですし、できれば病に侵されることは避けたいですよね。

 しかし、認知症と発覚した途端に疎遠になったり、逆にこれまで顔を見せなかった親族が毎日のように訪ねてくるのは不自然です。あまりの過干渉っぷりに「自分は、そんなに大変な病気を患ってしまったのか」と、ショックを受けてしまうかもしれません。これまでの関係性や距離感を、できるだけ保ってあげることが望ましいです。

できないところを手伝ってほしい

 想像してみてほしいのですが、高熱の時に誰かに食べさせてもらう食事。自分のペースやこだわりで進める食事は、同じ味付けでも満足度が違います。

 認知症の人は、できないところだけを手伝ってほしいと思っています。本人の性格を考慮しつつ、おせっかいにならないように適切なタイミングでの支援を行うようにしましょう。

認知症の初期対応は“できるだけ今までと同じ”で!

(写真:iStock)

 認知症の初期には、自身でちゃんとできるところと支援が必要なところが混在しているため、周囲も関わり方に頭を悩ませてしまいます。

 認知症の人は「できない」と分かっていても、昔はできていた自分を思って悲しくなったり、意固地になって努力したくなる場合もあるため、できないことを「できない」と結論付けるまでには、ある程度の時間が必要だと思うのです。
 
 思いやりも過剰になれば、それはお節介となり相手の負担となってしまいます。認知症によって変わっていく自分には、唯一変わらない周囲との関係性が大切なのです。「もしも自分が認知症になったらどうされたいか」を想像して、認知症の人との対応を考えましょう。

(東城ゆず/ライター・エディター)

【関連記事】

おすすめの記事